このページの本文へ

日比谷線霞ケ関駅から順次導入予定

東京メトロ、東京五輪向けて案内表示器を液晶ディスプレー化

2016年08月03日 15時40分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東京メトロは8月3日、全線に新型行先案内表示器を導入すると発表した。8月5日より日比谷線霞ケ関駅から順次導入予定。

 新型行先案内表示器は現行のLEDから液晶ディスプレーに変更することで、視認性を向上している。

 列車の現在位置、各種案内と、次発列車情報を個別に設けることで、必要な情報を常に表示する。ダイヤ乱れなどの際は、運行情報を最下段に表示する。

新型行先案内表示器イメージ

 また、表示言語を現行の日本語、英語の2ヵ国語表示に加えて、中国語(簡体字)、韓国語を新たに追加する。

中国語(簡体字)

韓国語

 日比谷線、千代田線、半蔵門線は2016年度までに設置を完了し、銀座線、丸ノ内線、東西線、有楽町線、南北線、副都心線は2019年度までに設置を完了する予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン