このページの本文へ

目指せ3回目の王座! ミクGTプロジェクト9年目の挑戦! 第4回

GT 第4戦SUGO! マモノ被害は最小限の7位!

2016年08月04日 17時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp 撮影●鉄谷康博、加藤智充

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

関係者インタビュー

片山右京 監督

 4号車として今できることはすべてやりました。GT3勢にはついていけたけど、JAF勢にはついていけなかったので、この差をどうやって詰めるのかが課題ですね。11号車とのバトルもコンマ5秒くらい負けてたのが悔しい。タラレバですが、タイヤを4輪全部交換していたらどうなっていたかなと考えてしまいます。最後はもうちょっとで88号車を抜けたんですが、仕方ないですね。

大橋逸夫 コミュニケーションディレクター

 SUGOっぽい荒れたレースでしたね。JAFが速いのは仕方ないとして、4号車にもうちょっと運があれば順位をひとつ上げられてたかなと。谷口選手のスティントのときに、500のバトルに巻き込まれたり、前のクルマに引っかかっちゃったりと、普段の谷口選手に起こらないことが起きてしまい、ペースが上がらなかったのは残念でした。予選の展開を見ていると、決勝ではよくて5位くらいだと思っていたので、予想どおりの順位ではありますね。

谷口信輝 選手

 今回は何事もなくレースできたのですが、ライバルに比べるとちょっと速さが足りませんでした。レースペースも悪くはなかったんですが、速くもなくで。途中GT500の集団に飲み込まれてペースを大幅に落としてしまいましたが、特に接触があったわけではありません。最終的にレースは赤旗で終わってしまいましたが、あと1周あったら88号車は抜けたかもしれないので、悔しかったですね。

片岡龍也 選手

 今回、選択したタイヤが硬めだったので、欲しい気温よりも低い中でのレースでした。フォーメーションラップでもタイヤが暖まりにくく、なんとか順位をひとつあげたけど、それ以上抜くことができず、かといって離されもせずという展開で、上に行くにはもう少し力が必要だなと。自分的には今あるパッケージの中ではそこそこのパフォーマンスを発揮できたと思います。チームとしては100点とは言えませんが、90点以上のレース内容だったと思うので、足りない部分の強化を次戦までに図りたいですね。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ