このページの本文へ

会員限定コンテンツから毎日チョイ出し!ASCII倶楽部情報局第27回

ハッセルブラッドって四角い中判カメラのところです

世界初 中判ミラーレスデジカメがなんだかすごそう【倶楽部】

2016年07月07日 19時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どうも。ちゅーやんです。
 実は結構カメラが好きだったりします。まったく詳しくないですが、学生時代はひとりで動物園に行って一日中撮影していました。ひとりで行っていた理由は友達がいないからです。

中判カメラって触ったことなんかかっこいい

 さて、ASCII倶楽部では曜日ごとに固定の連載があります。本日木曜日は「写真機≪カメラ≫の深みにハマれ」。そう、カメラの連載です。みやの編集ちょやプロカメラマン・岡田清孝氏による対談、体験レポートが掲載されています。そんな本日の連載は、ハッセルブラッドが中判デジカメでは世界初のミラーレス機として注目を集めまくっている「X1D」の体験レポート

 私にとって中判カメラは“四角いカメラ”のイメージ。まさにそれがハッセルブラッドのカメラだったんですけどね。そんなハッセルブラッドが世界初の中判ミラーレスデジカメ発売を発表し、体験会を開いたそう。

 正直な感想としては「よくわかんねーけどすごそう!」という小学生並みの感想。記事でこんなこと書いて良いのかよくわかりませんが、私は正直なので書きます。というのも、カメラのスペックだけみてもピンとこないので、実際に撮影した画像を早くみたいんです。わかりますよね、この気持ち。

 ちなみに、私は5月末にOLYMPUS「OM-D E-M5 Mark II」を購入しました。それまではCanon「EOS 7D」だったので、初のOLYMPUSで、初のミラーレスです。やっぱり軽いカメラってのはなにかと便利。もちろん7Dもすごく好き(とくにシャッター音)ですが、E-M5もオススメです。今回の記事でも軽さに関する記載もバッチリ。というか、カメラの専門としてやっぱり見ている部分が違うんだなと、改めて感じました。

 書いていて思ったんですけど、すごく小学生並みの文章で、これもこれでいいのかなぁと思いました。

 ASCII倶楽部では、入会してくださった会員のためだけに、曜日ごとに会員限定の書き下ろし記事を掲載中。本日木曜日は「写真機≪カメラ≫の深みにハマれ」、明日金曜日は「編集部厳選、いまお買い得な製品はこれだ!」ですよ~。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

↑ASCII倶楽部の入会方法やさらにくわしい内容はここをクリック!

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●以下のクレジットカードによるお支払いとなります。
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL http://ascii.jp/asciiclub/summary/

この連載の記事

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1253(2019年10月22日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1252(2019年10月15日発行)

  • 週刊アスキー No.1251(2019年10月8日発行)

  • 週刊アスキー No.1250(2019年10月1日発行)

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2019October

  • 週刊アスキー No.1249(2019年9月24日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事