このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」第126回

焼きそば美味すぎ!酒進みすぎっ!白金に「焼きそばバル」

2016年06月22日 11時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「焼きそばでも、素材を追求してつくればこんなにおいしくなると伝えたかった」

 白金高輪に今年5月、焼きそば専門店がオープン。名前は「無添加焼きそば バル チェローナ」。鉄板で目の前で焼きそばをつくってくれる、わずか15席のこじんまりとしたお店です。

店内はカウンター席のみ。大きな鉄板で目の前で焼きそばを焼き上げてくれますよ。ザ・ライブ感

 とにかく、焼きそば、美味なのです。酒好き肉食女子の記者が食べてきました。

屋台派は怒るかも(笑)「無添加でつくりました」

 焼きそばといえば、屋台のものがおいしい。化学調味料と添加物がたっぷり入ったジャンクな味です。が、それがまたよい。

 さて、一方チェローナのこだわりポイントは“無添加”。麺、ソース、具材。ひとつひとつ素材を厳選しています。それではお上品な味にまとまってしまわないのでしょうか?

麺は生麺~。2種の国産の小麦を配合

ソースは、国産のりんご、タマネギ、ニンニクなどから旨みを抽出したソース、出汁がきいた醤油ベースのソースを配合

鉄板の前に立つお兄さん、かっこいいです

 麺は生麺です。オーダーが入ってからその場で茹でて、そのまま鉄板で焼き上げてくれるということ。

 焼きそばというと蒸し麺でつくるイメージがありますよね。市販の蒸し麺は日持ちして使い勝手が良いですから。ですが、無添加でこだわりの焼きそばをつくるという観点で、チェローナでは妥協をせずに生麺を採用したとのこと。

豚肉は千葉県のブランド豚“アボカドポーク”。アボカドを食べさせて育てたので、ジューシーさと旨みが特徴。アボカドを食べて育った豚って、想像するとなんだか女子っぽいですね

卵は京都府大江町の“こだわり卵”。高級品ですよ。たぶん卵かけご飯にして食べてもおいしいのでしょう

 ほほぉ、屋台のものとはずいぶん違うのね、と、素直に驚きました。

茹でたばかりの生麺のモチモチ感、スゴイ!

 注文してから7、8分程度で、焼きそば、できあがりました。

大盛りの焼きそばのできあがり!

 オーダーは大盛り。加えて、“九条ネギ”と“国産黒毛和牛の牛すじ”をトッピングしています。

別の角度から。ああ、なんともおいしそう

 焼きそばの価格は、普通盛り(生麺150g)950円、大盛り(生麺225g)1050円。

 今回の場合、大盛りにトッピングのネギ150円、牛すじの200円をプラスしているので、合計1400円になりました。

いっただきまーす

 1000円を超える高級焼きそばの味はいかに? 期待しながら口に運び、一瞬で確信。

 「これはおいしい!」

 一番に特筆できるのは、麺の食感。表面はツヤッ。噛むとモチモチ。太麺なのに硬すぎず、反対にベチャッとせず、弾むような心地よい弾力なのです。ちゅるっ、ちゅるっ。ふむっ、ふむっ。

弾力ある太い麺は力強く絡み合って、最初のほうは箸ですくうのが大変でした。

 鉄板にあたる部分は焼かれてカリカリと香ばしい。麺だけでも何段階か食感のおもしろさがあります。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!