このページの本文へ

週間リスキー第71回

ソニーはコッチを“Performance”にすべきだった?

日本で出るやつよりカッコいいXperia XA 日本語化&レビュー:週間リスキー

2016年06月17日 20時00分更新

文● ACCN

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

※週間リスキーはアックン・オッペンハイマーとその仲間による、フツーに日本のキャリアや量販店でスマホを買う層にはまったく理解できないコーナーです、ご注意を。

 <前略>(W)PJに「不都合な存在」とまで書かれてしまったXperia最新シリーズのエントリーモデル「XA」。日本では出ない“一番カッコいいヤツ”ですね。EXPANSYS JAPANでは本日(6/17)より販売開始、価格は3万4100円となっております。お安いですな。

パッケージでございます。エ~ックス! ってカンジ。一巡しちゃいましたね。次どーするんだろ…
EXPANSYSで販売されるのはDual SIMですが、本レビューに用いているのはシングル版です。対応バンドはこんなカンジ
オーソドックスな付属品。ハカセの教えに従い手を付けません
MWC以来の再会。日本のキャリアショップでX Performanceを何度か見たためか、改めてその洗練されたボディーにウットリしてしまうわぁ…
カラーバリエーションなどは他のXシリーズと同じ展開となっております。コチラはライム・ゴールドさん
背面。Dual SIM版とシングル両方の説明書きのシールが貼ってありました

【お詫びと訂正】初出時、素材に“樹脂は用いられてない”的な記載があったような気がしますが、勘違いです。Twitterでご指摘くださいました見知らぬモジャモジャした方、どうもありがとうございました。

──しかし現地でこんなとこまで確認し、ちゃんと覚えてて、こんな地下発信の零細記事に指摘してくれるって、ただ者ではありませんな……。アテクシには無理…

厚みはiPhone 6より1ミリ増しの7.9ミリ(Xperia X Performanceは8.7ミリ)
左側面がオープン。防水じゃないのでゴム無です。挿入は気をつけましょう
いま最もそわそわしているイヤホン端子さんは上部に。カメラは13メガ
底部にマイクロUSB端子とスピーカー。音量はそこそこでした

 CPUはMediatek Helio P10 MT6755(オクタコア)、内蔵ストレージ16GB、指紋認証ナシ、防水ナシとスペック的に超エントリーですが、このモデルは外観がすべてですね。ところで「私、見た目は気にしないの」とか言ってる女子ほど、イケメンと付き合っている気がしませんか?

このスペックでも、そこそこ使えますから“見た目”重視な人、あるいは不都合な関係とかにときめいちゃうって方いかがでしょうか? 責任は取りません
少なくとも質感はエントリーモデルのソレではないと断言できます

 絶対にコチラを“Performance”な仕様にして日本で出したほうが、GalaxyやiPhoneといったライバルともっと真っ向から勝負できたと思うんですよね。技術的に無理ということは決してないでしょう、ソニーなら(本気出せば)やれたハズ。

 まぁグチグチ言っても仕方ありません、必要事項をば。技適はスマン、未確認じゃ(EXPANSYS販売モデルを入手したら改めてチェックします、続きはTwitterで)。あと、POBoxが見当たらないんですよね。Google日本語入力かATOKで我慢するか、我慢できない輩はアレするかで……。

Android 6なので日本語表示自体は問題ございません

 内蔵16GBは、いくらSDカード対応でも心許ないかな。デフォルトで6割近く消費しているうえ、Android 6の“SDカードを内蔵メモリーとしてフォーマットする”機能も有効になっていない……ってか、エントリーモデルでコレ塞いじゃったら、もうこの機能の意味ないじゃん! ちなみに日本で出るXperia X Performanceは32GBですが、EXPANSYSで扱う香港版は64GBとなっております(参考記事)。ズルいし。

 アテクシ的には以上なんですが、一応カメラ機能もチェックしておきましょうかね。

Xperia XA(シーンセレクトで料理)
Galaxy S7 Edge(シーンセレクトで料理)
Xperia XA(オート)
Galaxy S7 Edge(オート)

 これはアレや。俗に言う“飯マズ”モードや……。まぁ対戦相手がハイエンドすぎですが、ピントも合いにくいし、連写もできないしで、カメラよく使う人には厳しい気がするなぁ。

 ま、このモデルは外観がすべてですね。ところで「私、見た目は気にしないの」とか言ってる女子ほど、イケメンと付き合っている気がしませんか? さっき言いましたね。

 コレの大きい版も出るようなので、引き続き注目してまいりたいと思います。

●関連サイト
EXPANSYS JAPANSony Xperia XA Dual F3116

※著者および編集部は、技術基準適合証明(技適)を受けていない通信機器の利用を勧めるものではございません。通信機器は各国の法律に基づいて利用してください。各国の法律に反して利用しても、著者および編集部は一切責任を負いません。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン