このページの本文へ

週間リスキー第66回

技適さえ確認できれば日本でもコチラを使いたいところ

【ズルい】Xperia X Performance香港版は内蔵メモリー64GB:週間リスキー

2016年06月02日 15時00分更新

文● ACCN

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

※週間リスキーはアックン・オッペンハイマーが重箱の隅をつつく、とことんマニアックなコーナーとなっており、健全に暮らす方の清き一票は期待しておりません。

 <前略>EXPANSYSで仮予約を受け付けている「Xperia X Performance」のスペックで、内蔵ストレージ「64GB」となっているのは誤記では? と思ったんです。だって、グローバル発表時のスペックシートでも32GBになっていましたしね(もちろん、ドコモ、auから出るモデルも内蔵32GBと発表されています)。

Dual SIMであることと背面がオールメタルであること以外にも違いがあるとは…

 問い合わせましたところ、「(販売する)香港版Xperia X Performanceのスペックシートに基づいて記載しております」とのこと。

ふはっ、恐れいりました。確かに内蔵64GBとありますね。ソニー公式が間違えているとも思えませんし

 向こうには“Performance”の付かない「Xperia X」がありますから、差別化で64GBにしたのかもしれませんね。いずれにせよ、いくらSDカードが入るからといって内蔵メモリーにしか入らないアプリやコンテンツも多いですし、長く使うことを考えると32GBでは少ないと思うんです。すでに内蔵ストレージ128GB以上のAndroidも出始めていますし、フラグシップでも採用してほしいところ。

 香港版に技適があるかどうか現時点では不明ですが、Xperiaシリーズは「ある」前例が多いので、期待できそう。FeliCa不要な方は、発売も少し早いと思われるコチラをゲットして「Galaxy S7 edge」を買って浮かれている人に自慢されてはいかがでしょう。たぶん、「ふーん」て言われます。

EXPANSYS JAPAN「Sony Xperia X Performance Dual」

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン