このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2016レポート 第56回

COMPUTEX 2016で見つけたイカすパーツとヘンなもの

2016年06月08日 10時32分更新

文● ジサトラ キタムラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

LEPAの光るCPUクーラー「NEOllusion」。リモコンでLEDの発光パターンと色を変更可能だ。10月末発売予定で予価は59.99ドル

Sharkoonが開発中のアルミPCケース「A25」。なぜかフロントパネルの厚みが5mmもある無駄に贅沢な製品。カラーがシャア専用っぽいので日本で流行るかもしれない

Sharkoonが立ち上げる新たなゲーミングブランドSKILLER。そのヘッドセット「SGH1」とスタンド。注目なのはヘッドセットではなく、「X-Rest 7.1 surround sound headset stand」という製品名のスタンドのほうだ

製品名のとおり、7.1chサウンドカードを内包したスタンドで、スタンドにヘッドセッドを接続すれば、ヘッドセットの音量やマイクのON/OFFをスタンド側で操作できる。ソフトウェアも付属し、サウンドプロファイルなどを設定できる。ソフトはすでに日本語化されており、国内で売る気満々だ

4月に発売されたAeroCoolの自作PCケースキット「DREAM BOX」。その作例がAeroCoolのブースで展示されていた

DREAM BOXの作例。これが真の“タワー”型PC?

LWOが展示していたディスプレー。ただのショーケースのように見えるが、前面ガラスが液晶になっている

それを応用したコンビニの冷蔵庫。デジタルサイネージとしての活用が期待される

PQIが展示していたLightning端子のイヤホン。iPhone 7ではイヤホンジャックが廃止されるという噂があるため、先回りして製品を準備しているようだ

Erato Audioの世界最小ワイヤレスイヤホン。Bluetooth 4.1対応で、1回の充電で3~4時間使用可能。6月30日先行予約開始で予価は299ドル

それでは、また来年~

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中