このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2016レポート第26回

迫り続けるゾンビに思わずのけぞる! ZOTACブースで体験できるVRデモ

2016年06月03日 10時24分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEXのZOTACブースでは、GeForce GTX 1080搭載ビデオカード以外にも興味深いアイテムが展示されていた。その名も「ZOTAC Mobile VR」。

真っ白な筺体デザインが特徴的なベアボーン「MAGNUS EN980」

 展示されていたのは、真っ白な筺体デザインが特徴的なベアボーン「MAGNUS EN980」。ノートPC用の「GeForce GTX 980」を採用するパワフルなコンパクトベアで、CPUとGPUはどちらも水冷仕様となっているもの。

 「ZOTAC Mobile VR」では、同ベアボーンをベースとしたPCを使用。ユーザーは特別にカスタムされた「MAGNUS EN980」を背負い、HTC製「Vive」を使ったVR体験ができるというワケ。

会場には水冷構造の内部が分かりやすいスケルトン仕様の展示機があった

 なお、本体重量は約4.5kgで約3時間の連続駆動ができるとか。なによりワイヤレスという点において、VR用PCとして可能性を感じる出来だった。体験できるゲームも襲ってくるゾンビをハンドガンで撃つという単純なものだが、撃っても迫り続けるゾンビに思わず体全体を動かして逃げる体験者も多く見られた。

「MAGNUS EN980」をベースに改造された背負えるVR用PC。思わずのけぞる体験者が続出

 肝心の「MAGNUS EN980」だが、早ければ6月中にも発売可能とのこと。スペック的にはそれなりの価格になりそうだが、コンパクトなハイエンドベアとして注目だろう。

【取材協力】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中