このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す!第52回

今はイオンモバイルが爆速!? 手持ちの格安SIM5枚で速度比べ

2016年06月02日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 格安SIMのどれが速いか遅いかは永遠に尽きない話題だが、いつでも速い格安SIMも、いつでも遅い格安SIMというのもあまり存在しない。

 大抵の場合は速い時期があったり、その後ユーザーの集中で遅くなったり、設備増強して再び速度を取り戻す、というサイクルが続く。そこで、今、筆者の手元にある格安SIMの速度がどんな状況なのか測定して比較してみた。

今回の測定はドコモ+5社

 一般的に時間や場所によって速度は異なり、繁華街で遅くなる傾向があるが、現在は基地局の増設が進み、キャリアのSIMであればどの場所でもある程度の速度が出る。下り最大40Mbpsか80Mbpsかといった非常に高いレベルでは場所によって異なるが、格安SIMの速度ではあまり場所による速度差はないと言ってもいいだろう。

 どちらかというと、無線区間を提供するドコモと格安SIM事業者間の回線や、格安SIM事業者からインターネットの各サーバーに対する回線の帯域が混雑時にはボトルネックとなり、格安SIM事業者間の差はそこが生まれるということになる。まさにISP同士で速度を比較していたころと同じである。

 今回の測定は、たまたま筆者の手元にある……というか現時点で契約しているSIMを6枚並べて計測してみた。格安SIMの定番「IIJmio」「OCNモバイルONE」に加えて、「mineo」のドコモ回線利用タイプに「イオンモバイル」「ワイヤレスゲート」の定額プラン、そしてドコモ純正回線でプロバイダーは「spモード」利用という6枚である。

 機種はいつもの「Xperia Z3 SO-01G」を使い、速度測定アプリ「OOKLA Speedテスト」と「RBBTODAY」で測定した。

 余談だがXperia Z3 SO-01GはOSがAndroidが5になったころからか、SIMごとにデフォルトのAPN情報を記憶してくれるようになり、SIMを差し替えた段階でAPN情報まで切り替え完了している。筆者のようにSIMを取り替えながら比較する特殊な人にはたいへんありがたい仕様になっている。

50Mbpsを超えるSIMも! 深夜午前3時の住宅地で測定

午前3時 の住宅地(単位はMbps)
午前3時 の住宅地(単位はMbps)

 おそらく最も速度が出る時間帯が深夜をすぎて明け方に近い未明。3時ごろは夜更かしの人でも寝てしまい、早起きの人もまだ起きてこないことから、帯域としては非常に空いている。

 この時間帯の速度がその格安SIMの最高速度と言っていいだろう。下り最大速度は30Mbpsから50Mbpsを超えており、非常に高速だ。

 ワイヤレスゲートが3Mbps程度なのは、もともとこの速度で定額という仕様だから。3Mbpsが出ていれば速度の遅さをほぼ感じることなく利用できるだろう。

 そのほかも上下はあっても非常に高速。使っているなかで体感することは難しいが、数字を見れば空いた時間帯ではOCNモバイルONEがどちらの速度測定サイトでも下りが50Mbpsを超えて頭ひとつ抜けているという状況だ。

午後4時のビジネス街では最高で17Mbps程度に低下

午後4時のビジネス街(単位はMbps)
午後4時のビジネス街(単位はMbps)

 あまり混雑のない時間帯では差が出にくい格安SIMだが、ビジネスタイムとなると差が出てくる。午後4時は夕方の学校は終わっているが、働いている人はまだ会社にいる時間。本格的な通信ラッシュの前という時間帯となる。

 速度トップのIIJmioは下りで16~17Mbps帯という状況で、イオンモバイル、mineo、ドコモのspモードが僅差で続いている。

 OCNはそれらよりも少し遅いが、実用上は大きな差にはならないと思われる。

 残念なのはワイヤレスゲートで、速度が1Mbpsを割り込んでいる。体感上も遅さをはっきりと感じられるレベル。ただし、ワイヤレスゲートは上り速度が速く、クリックした際の反応などが適度に返ってくるため、激しく遅くて使い物にならないというほどでもない。

 この中ではOOKLA Speedtestではmineoとイオンモバイルの上り速度が速い。ユーザー特性などの違いと思われるが、大きなファイルアップロードをするユーザーにはこの速度はメリットに感じられるだろう。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン