このページの本文へ

オンボードでもUSB DACなみの高音質、ゲームの負荷を低減するLAN機能を搭載

ASUS、ゲームPCの自作ユーザー向けmicroATXマザーボード「B150M PRO GAMING」

2016年06月01日 16時01分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
B150M PRO GAMING

 ASUSTeK Computerは6月1日、ゲームに適したオーディオ機能やLAN機能を備えるmicroATXマザーボード「B150M PRO GAMING」を発表。6月3日に発売する。

 ゲーム用オーディオ機能「SupremeFX」を搭載。デジタルとアナログを分離してノイズを抑えて、オーディオ用USB DACに匹敵する音質をオンボードで提供。LANコントローラーは高スループットが得られるインテル「I219-V」を搭載、2.5倍の過電圧にも耐えるLANポート「LAN Guard」も採用する。

インターフェイスはUSB 3.0×6、USB 2.0×6、LAN機能は1000BASE-T×1

 ASUSオリジナルのデジタル電源回路、回転数を細かく制御できるファンコントローラーなどASUSマザーボードならではの機能も装備。チップセットはインテルB150、CPUはCore i7/i5/i3などに対応。メモリはDDR4-2144×4、ストレージはM.2×1、SATA 6Gb/s×6。実売予想価格は1万3000円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中