このページの本文へ

e☆イヤホン先行発売

2000円台でこの質感、この音質「1more Piston Classic」はスゴい?

2016年05月24日 19時30分更新

文● 小林 久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 e☆イヤホンは5月21日、「1MORE Piston Classic」の先行販売を開始した。ゴールド、ピンク、グレーの3色が選べる。価格は2980円。

ゴールド、ピンク、グレーの配色はiPhoneを意識しているのかも。

 広い音場・高解像度・豊かな低域・伸びやかな中高域などクラスを超えた高音質をうたう。アルミ製ボディーも高質感。スマホとの接続を考慮し、マイク・リモコン機能も持つ。最終チューンには、ラテン・グラミー賞受賞のLuca Bignardi氏が協力したとのこと。

 ダイナミック型ドライバーの振動板には航空機用チタンとPET素材を利用した独自技術を採用。高域が伸び、豊かな中低域の再現に貢献している。またデュアル防振システムにより、前後2つのポートから空気を抜くことでイヤフォン内で反射した音による干渉を防いでいる。リモコンはiOS、Androidに両対応。ケーブルには防弾チョッキなどにも利用されている、ケブラー素材を採用している。

ケーブルはケブラー製。リモコン機能も持つ。

 カラーバリエーションは、iPhone 6sの本体色に合わせたものとなっている。

 本体の重量は13g。ケーブルは1.2m、再生周波数帯域は20Hz~20kHz、インピーダンスは32Ω、音圧感度は98dB、耐入力は5mW。

小さいけどズッシリとしたパッケージ。iFデザイン賞のロゴが付いている。付属品も充実している印象だ。

 なお、編集部にサンプル機が届いたので、試聴してみた。まずパッケージがコンパクト。凝縮した重さがあって、ケースのデザインもしゃれている。溝にイヤフォンをはめた後ケーブルをぐるぐると巻き、最後にコネクターを収納する方式もいい。

 LRの表示が小さく、左右がちょっと分かりにくいのが難点と言えば難点だが、本体は軽く装着感もまずまずだ。

 iPhone 6s Plusのミュージックアプリで数曲聞いてみたが、アコースティックな曲がのびやか。金管楽器などがブルブルと震えるような質感もかなり忠実に表現してくれる。低域はすこし緩いのだが、量感は十分にあってスケールの大きさを感じる。何も言わずに聴かされて、最後に2000円台で買えるヘッドフォンと聞いたら、結構驚く実力だ。

 iPhoneやiPod標準イヤフォンからのステップアップには最適だが、ここまで音がいいとちょっと競合メーカーが困ってしまうのではないかと思った。

関連サイトのリンクを修正しました。(2016年5月25日)

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画