このページの本文へ

初の密閉型ヘッドフォン「MK801」と、開放型イヤフォン「EO320」

またまたハイコスパ、お値打ちヘッドフォン1moreに初の密閉型

2016年06月24日 16時30分更新

文● 小林 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 e☆イヤホンは、コストパフォーマンスの高さを売りに展開中の“1more”シリーズの新製品として、密閉型ヘッドフォン「MK801」とオープン型イヤフォン「E0320」の2機種を投入。6月25日から先行販売する。価格はMK801が1万800円。EO320が4800円。

 3月から展開中の1moreシリーズは累計3000台を出荷しており、好調だという。ともに他機種同様、ルカ ビグナルディのサウンドチューニングを経ているほか、スマホと接続して通話ができる。

MK801。色はレッドとブラックが選べる。

 MK801は、独自開発のダイヤフラム(振動板)の採用、強力な柔軟性と軽量化を備えながら美しくデザインされた外観など、ハイコストパフォーマンスモデルでもこだわった企画開発を実施しているという。色はレッドとブラックの2種類。

赤。なかなか質感が高い感じ。

リモコン付き。左右も分かりやすい。

 インピーダンスは32Ω。音圧感度は107dB。再生周波数帯域は20Hz~20kHz。本体重量は235g。

E0320。オープンエアー型で、色はゴールドとシルバーがある。

 E0320は中国など海外ではすでにベストセラー機になっている。13.6mmと大口径のドライバーを採用しており、3層の振動板によって美しい中音域の再現と迫力ある低音域を表現できるという。また、オープンエアー型であるため、音場も開放的で広いという。外観もメタルデザインを基調とした上品なもの。色はゴールドとシルバーの2種類。

 インピーダンスは32Ω。音圧感度は107dB。再生周波数帯域は20Hz~20kHz。本体重量は15g。

ケースもなかなか凝っている

シリコンパッドも装着可能

付属品一覧

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中