このページの本文へ

マイナンバーなど重要データを保存するなら

最高レベルの暗号化で情報漏洩を防ぐ! ロジテックの外付HDD

2016年05月12日 17時02分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「LHD-ENU3BS」

 ロジテックINAソリューションズは5月12日、情報漏洩防止機能に特化した外付けHDD「LHD-ENU3BS」「LHD-ENU3BSR」を発表。同日から直販サイトで販売を開始している。

 最高レベルとされる暗号化機能「AES256bit」に対応する3.5インチ外付けHDD。独自のパスワード認証ツールを搭載し、データを自動で暗号化するため、アクセス時は「Logitecパスワード管理ツール」によるロック解除が必要となる。

 LHD-ENU3BSは、ウェスタンデジタル製HDDの「WD Blue」を採用した、省電力性と静音性に特化したモデル。価格は、2TBモデルが1万9800円。3TBモデルが2万2800円。4TBモデルが3万800円だ。

 LHD-ENU3BSRは、ウェスタンデジタル製HDDの「WD Red」を採用したモデル。NAS向けに開発した高速転送・低消費電力機能と、振動・雑音の低減機能を搭載している。価格は、2TBモデルが2万4800円。3TBモデルが2万7800円。4TBモデルが3万6800円。

縦置きも可能。底面と側面に通気スリットを配置した「ダブルデッキフロー構造」が特徴

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース