このページの本文へ

3種のRAIDを搭載してデータも録画も安心保存

ロジテック、テレビ録画にも適した2ベイ外付型3.5インチHDDケースを発売

2016年06月27日 15時50分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
LHR-2BRHU3/LGB-2BRHU3

 ロジテックINAソリューションズは6月23日、RAID機能も搭載した3.5インチHDDケース「LHR-2BRHU3/LGB-2BRHU3」を発売した。

 3.5インチHDDを2台まで内蔵し、最大16TBまで拡張できる外付けHDDケース。インターフェースはUSB 3.0で、PCに加えてUSB HDDに対応するデジタルテレビなども接続できる。スリープモードを備えておりPCに連動した電源ON/OFFする。

前面/背面/内部ベイ(HDDは付属しない) 

 通常のSingleモードのほか、RAID0(ストライピング)/RAID1(ミラーリング)、JBOD(スパニング)の3つのRAIDに対応しておりデータや録画を安心して保存できる。本体は放熱性と静音性を考慮したアルミパネルを採用。サイズは幅80×奥行き145×高さ171mm、重量は約490g。

 Web販売モデル「LHR-2BRHU3」は8305円。量販店モデル「LGB-2BRHU3」はオープンプライス。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース