このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す! 第49回

格安SIM乗り換えに必須! 最新の解約方法をまとめてみた

2016年04月21日 12時00分更新

文● 正田拓也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コールセンターでの解約が必要な格安SIMもある

 ほとんどはネットから自分用のIDでログインし、解約手続きをネットでするようになるのだが、格安SIMによっては電話でしか解約を受け付けないところもある。

 代表的なところとしては「楽天モバイル」で、毎月15日までに電話で手続きしないとその月で解約はできない。受付場所も一般向けのコールセンターを兼ねているので、なかなかつながらないときがある。

 また、サービス開始直後から加入が殺到している「イオンモバイル」も、現在はコールセンターでの手続きとなっている。こちらも改善をお願いしたいところだ。

原則としてSIMの返送が必要

 多くのサービス場合、SIMは通信事業者からの借り物という建前になっており、解約やMNP転出などの後は返送が必要となる可能性が高い。

 ごく一部のサービスではユーザーが処分するようになっていることもあるが、解約時は解約時の注意として返送先などが説明されるのでそれに従う。

 また、一部の格安SIMは、SIMの返却がない場合は「3000円を請求することもある」としているところがある。明確に「請求する」とは示していないものの、金額を示しているだけに滞りなく、きちんと返却するのがいいだろう。

入ったが最後……ではないので使わなくなったらすぐ解約

 使うときに契約、使わなくなったら解約、手続きにかかる手間賃はどの格安SIMも最初に3240円がかかるので、頻繁に契約と解約を繰り返しても誰も損しないはず。そして、これが本来の姿だ。

 料金を節約したいから格安SIMなので、必要のない契約を残しておいて無駄な費用を発生させないためにも、使わなくなったらSIMは早めに解約などの手続きをしておこう。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン