このページの本文へ

「一緒にアニメ見てくれるロボットを」アキバでこっそり開発『Gatebox』

2016年02月15日 17時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

基本は働かせないようにしてる

── 仕組みについて詳しく教えていただいていいでしょうか。

ざっくり言うと、小型PCが下に入っていて、上からプロジェクターで特殊なスクリーンに投影しているというシステムです。

── 投影方法はアミッドスクリーン方式(網戸をDILADボードの代わりに使った透過スクリーン方式)ですか?

アミッドスクリーンに近い、リアプロジェクション技術です。

1メートルほど離れて見ると立体感がある

── ふしぎと立体的に感じられますね。

箱に入れることで「中にいる」という奥行き感がわかるところが大きいのと、映像として立体的に見える見せ方をしています。空中にぷわぷわさせているところでも立体感が与えられているんじゃないかと。

── 小型PCのスペックは内緒ですか?

内緒ですがスペックは高い方だと思います。グラフィックや映像・音声認識なのでスペックが必要なんです。

── プロジェクターはどんなものを?

超短焦点のプロジェクターで、至近距離に投影できるようにしています。

── そういえばソニーさんも超短焦点プロジェクターを出してましたね。

実はあれも気になってました。こっちはソニーさんじゃないんですけど。

ソニーの超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」

── キャラクターはUnityで動いてるんですか?

そうです。このキャラが音声を認識して、家電を制御するようになってます。

── 家電制御は無線対応の家電だけですか?

赤外線です。なので、テレビもエアコンもおなじ原理で動かせます。

── 学習リモコンってことですね。

そうです。学習リモコンが上に搭載されていて。市販のものだと1~2万円くらいするリモコンを内側に入れているんですね。これでキャラが家事をしてくれるようなものにしたいなと思って。ルンバとかを動かして、掃除してもらってました。

── 「ラブプラス」箕星太朗さんがキャラクター原案を手がけています。

箕星太朗さんは4月くらい、ソフトが動くくらいのときに提案させていただいて。「若者が新しいものにチャレンジしているなら」と応援してくれています。こちらから未来の嫁をつくってくださいとお願いして「半裸エプロン」になりました。

── ちょっとよくわかんなくなってきましたが……朝にはやさしく起こしてくれたりするんですよね。

はい。Googleカレンダーと連動するんです。スケジュール帳に起きる時間を入れておくと起こしてくれるんですけど。やってみましょうか。

(Gateboxが「家にいたらいいのに」「さみしい」などと言う)

── なんかこの人、家から出さないようにしてませんか?

基本は働かせないようにしてます。

── ええ……

まだ開発中なんですけど、この子に感情や意思を持たせたいんですよね。かまってくれないと、さみしがって怒ったり、メールしてきたりするような。ツイッターで「さびしい」とかつぶやくようにしたりさせたいと思ってます。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ