このページの本文へ

CES 2016レポート第26回

独自の4K HDRロゴも! ソニーが薄型4Kテレビや超短焦点プロジェクターを投入!

2016年01月06日 19時44分更新

文● ハシモト●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 ソニーは現地時間6日、米ラスベガスで開催中の「CES 2016」においてプレスカンファレンスを開催。4Kテレビや超単焦点プロジェクター、照明スピーカーなどを発表した。

 今回発表した4Kテレビ「X93D」は、独自の薄型バックライト技術である「Slim Backlight Drive」を採用。エッジ型のバックライトでも直下型バックライトのような格子状の部分駆動が可能で、高画質化と薄型化に貢献している。

「X93D」
「X93D」
HDR対応の液晶テレビでも、エッジ式なのでこの薄さ ケーブルを集約し、シンプルに配線できるようになっている
HDR対応の液晶テレビでも、エッジ式なのでこの薄さケーブルを集約し、シンプルに配線できるようになっている
ソニーの4K HDRのロゴ ソニーの4K HDRのロゴ

 国内外を含めて、テレビメーカーがこぞってHDR対応をアピールしているが、同社は独自のロゴマークを作成するなど、力を注ぐ。

超短焦点プロジェクター。壁に引っ付くぐらい近づけても投影可能だ

 映像系ではこのほかに、壁面スレスレに置いても投影が可能な超短焦点プロジェクターを「Life Space UX」のブランドで発表。バッテリーを内蔵しており、持ち運びが可能なほか、スピーカーも内蔵するので音楽再生もできる。

ブレに強い4Kハンディカムの最新機種 アクションカムの新モデル「HDR-AS50R」も展示。ブレ補正機能や4Kタイムラプス機能などを搭載する
ブレに強い4Kハンディカムの最新機種アクションカムの新モデル「HDR-AS50R」も展示。ブレ補正機能や4Kタイムラプス機能などを搭載する

 デジカメ系の新機種はなかったが、4Kハンディカムの次世代モデル「FDR-AX53」が展示されていた。新開発のZEISSレンズ(光学20倍)と大型の高感度イメージセンサー、強力に手ブレを抑える「空間光学手ブレ補正」を搭載。5方向からの音をキャッチする新マイク構造も採用する。

モバイルスピーカーの「h.ear go」 モバイルスピーカーの「h.ear go」
ワイヤレスヘッドフォン「h.ear on」とワイヤレスイヤフォン「h.ear in」

 オーディオでは、ファッション性を重視した「h.ear」ブランドで初のモバイルワイヤレススピーカー「h.ear go」を投入。ハイレゾ音源の再生に対応する。

 また、ノイズキャンセリング機能付きワイヤレスヘッドフォン「h.ear on」や、ワイヤレスイヤフォン「h.ear in」を展示。

「EXTRA BASS」ブランドのスピーカーも登場 「EXTRA BASS」ブランドのスピーカーも登場

 さらに、重低音重視のヘッドフォンブランド「EXTRA BASS」においてもモバイルスピーカーをリリースし、若者への訴求を狙う。

インテリア照明型のスピーカー インテリア照明型のスピーカー

 ちょっと変わったところでは、テーブルの上などに置くためのインテリア照明にスピーカーを組み込んだ製品も展示。Life Space UXブランドで展開するとのことだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン