このページの本文へ

リビングに置きたい ソニーが200万円超の短焦点4Kプロジェクター

2018年03月13日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 ソニーは3月13日、4K短焦点プロジェクターの新モデル「LSPX-A1」を発表した。4月1日発売予定で、受注生産方式。価格は238万円(税別)となる。

 新しい生活空間を演出する製品ブランド「Life Space UX」の新製品で、プロジェクターとしては3製品目となる。

本体天面の映像投影部 リモコンはBluetooth接続だ
本体天面の映像投影部リモコンはBluetooth接続だ
インターフェースは背面のフレームに埋め込まれている
映像・音声メニュー

 部屋にマッチするように天面を大理石風の白いカラーにしたほか、本体下のラックスペースは木製板を採用しており、インテリアなどと調和しやすいようになっている。

 本体上部から壁面に投影する形で、85~120インチまでを想定。投影は液晶方式で、2500ルーメンのレーザー光源を採用している。

 入力信号は4K60pまでに対応するほか、HDR(HDR 10/HLG)にも対応する。

脚の上部がガラス管になっており、管を振動させることで音を出す 本体底面にサブウーファーを搭載
脚の上部がガラス管になっており、管を振動させることで音を出す本体底面にサブウーファーを搭載

 スピーカーは本体左右に2つずつ、背面(壁面反射)に1つ内蔵するほか、本体前面にある2本の脚の上部が有機ガラス管になっており、これがツィーターとして機能。さらに本体下方に別体型のサブウーファーを配置する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン