このページの本文へ

RPGに最適化した機能が満載のマウス、キーボード、 ゲームパッド、ヘッドセットなど

エレコムはMMO RPGに本気! 新ブランド「DUX(ドゥクス)」立ち上げ

2015年11月24日 15時10分更新

文● コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは11月24日、MMO RPG向けのゲームデバイスの新ブランド「DUX(ドゥクス)」を立ち上げた。

 シリーズの第1弾として、ゲーミングマウス3製品、ゲーミングキーボード2製品、ゲームパッド1製品、ステレオヘッドセット1製品の計7製品を12月上旬より発売する。

マクロをワンクリックで実行!
キーボード操作も割り当てできるゲーミングマウス

M-DUX30BKM-DUX50BKM-DUX70BK

 ゲーミングマウス3製品は、有線・無線で2台のパソコンに接続し、それぞれを同時に操作できる「M-DUX70BK」と、プログラムした通りにワンクリックで実行可能なハードウェアマクロ機能に対応し、14ボタン+チルトホイールを搭載した「M-DUX50BK」、10ボタンを搭載した「M-DUX30BK」をラインアップ。

 すべてのモデルにおいて、ボタンとホイールにマウスやキーボードなどの操作を割り当てでき、50dpi刻みでマウスカーソル移動速度調整や、レポートレートの変更に対応。また、これらの各種設定をマウス本体に保存可能なオンボードメモリを搭載しており、一度ソフトウェアで設定すれば別のパソコンでも同じ操作が可能。

 直販価格はM-DUX30BKが6307円、M-DUX50BKが9580円、M-DUX70BKが1万5347円。

戦闘用・チャット用などプロファイルを専用キーで切り替え
最大12キーまで同時押し可能なキーボード

TK-DUX30BKTK-DUX50BK

 キーボードは1台操作のスタンダードモデル「TK-DUX30BK」と、有線・無線2台のパソコンに接続し、それぞれを同時操作できる「TK-DUX50BK」を用意。すべてのキーを機能割り当てやハードウェアマクロでカスタマイズでき、戦闘用・チャット用などのプロファイルを専用キーで即座に切り替えて使用可能。主要な24キーがキーロールオーバーに対応し、最大12キーまで同時押しできる。

 指の動きに合わせてキー全体がラウンドした形状を採用し、キーの軸受けに、滑りやすく磨耗に強いPOM(ポリアセタール)樹脂製のリングを搭載することで、快適なタイピングを実現しているという。

 直販価格はTK-DUX30BKが6307円、TK-DUX50BKが9580円。

プロファイル5個をオンボードメモリーに記憶
連射機能ももちろん完備なゲームパッド

JC-DUX50BK

 ゲームパッド「JC-DUX50BK」は、24個すべてのボタンに、ゲームパッドの信号だけでなく、キーボードのキーやマウスクリックなどの機能を割り当てることが可能。また、ボタン設定のプロファイル5個をオンボードメモリーに記憶できるほか、すべてのボタンに連射機能が設定可能。振動機能も搭載している。

 アルプス電気製アナログスティック・タクトスイッチ部品をはじめ、日本メーカー製高性能ゴム材料採用により、300万回の耐久試験をクリアしたメインボタンを採用(同社試験基準にて実施)し、高い耐久性を実現しているとのこと。

 本体サイズはおよそ幅105.1×奥行き162.6×高さ58mm、重量はおよそ229g(ケーブル含む)。直販価格は9580円。

聴き疲れしにくいフラットな音質のヘッドセット

HS-DUX50BK

 オーバーヘッドタイプのステレオヘッドセット「HS-DUX50BK」は、MMO RPGの長時間プレーに最適化し、聴き疲れしにくいフラットな音質に調整したという口径40mmドライバーユニットを採用。

 幅広形状のイヤーパッドが余裕のある装着感を実現するほか、通気性の高いメッシュ素材により、長時間プレーでもムレを抑制できるという。上下左右に可動して頭と耳の形にフィットするスイーベル機構も搭載。また、ゲーム中にはケーブルが邪魔にならないケーブル片出し設計になっている。

 本体サイズはおよそ幅165×奥行き100×高さ205mm、ケーブル長はおよそ2.0m。重量はおよそ224g(ケーブルを含まず)。直販価格は1万1502円。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース