このページの本文へ

高い読み取り精度のBlueLED採用

握るだけで自動オンオフできる、アイドリングストップ対応の無線マウス

2015年08月25日 17時43分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
マウスを握るだけで自動的に電源がオンにできる「アイドリングストップ機能」搭載の無線BlueLEDマウス“M-WK01DBシリーズ”

 エレコムは、立命館大学と協同開発した「アイドリングストップ機能」搭載の無線BlueLEDマウス“M-WK01DBシリーズ”を9月中旬から発売する。カラーバリエーションは「ブラック」「レッド」「ホワイト」。価格はそれぞれ5735円。

カラーバリエーションは「ブラック」「レッド」「ホワイト」

 アイドリングストップ機能は、LEDの発電特性に着目し、発電電力の有無を検出可能な「ノーマリオフ検出回路」を利用することで、ワイヤレスマウスの電源オン/オフ操作を不要にするもの。この機能によりマウスを握るだけで自動的に電源がオンになり、手を離すと自動的に電源がオフになるのが特徴。

 高い読み取り精度を発揮する「BlueLED」を採用し、ガラス面や透明シート、カーペットといった動きの判別しにくい素材の上でも使用できる。1円玉サイズのレシーバー部は2.4GHz帯を採用。持ち運び時にはマウス本体内に収納することが可能だ。

 ボタン数は5つ。分解能は2000カウント。単4乾電池を2本使用する。本体サイズは幅71.9mm×奥行き108.4mm×高さ37.7mmで重量はおよそ66g。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース