このページの本文へ

長~く使える極上のPCケース2015 第2回

長~く使える極上のPCケース2015【SilverStone編】

2015年11月24日 12時00分更新

文● 千駄木 和弘 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

余計な穴やスリットのない、シンプルな黒い板といった体のサイドパネルだ。サイドパネルもアルミ製だが極厚でリブも多く入れられており、かなりの重さがあるが剛性感は高い。パネル内側の縁にゴムテープが貼ってあり、防振と密閉性にも気遣いがあるんだなと感じられる

フルタワーケースのシャーシだけでも大きさがあるが、ケース前後にあるパネルもブ厚いためかなり大きい製品という印象を持つ。ケース前後のパネルがブ厚いことには意味があり、ケース外部と内部をパネルでしっかり放すことで、ケースに水が掛かっても内部に侵入させにくくするものだ

下部シャドウベイにはCPUサポーター機能をもつ。CPUサポーターとは大型のCPUクーラーを搭載した際の「支え台」になる機能だ。下から支えることでクーラー重量によるCPUやマザーボードへの負担を低減できる。サポーターはパンタグラフのような構造なので、必要がないときは折りたためるので邪魔にならない

3.5インチシャドウベイは上下にHDDケージが分割されており、上部ベイは5段のHDDケージ、下部ベイは1段ケージ×2という構成で、最大7台のHDDが搭載できる。下部ケージへのHDD搭載はベイに押し込むだけでいがいが、上部ベイはロック機構やHDDトレイはなく、昔ながらのネジ止め方式となる

一般的なPCケースならケース上面はエアフローが抜ける工夫があるが、本製品は天板にそういった穴やスリットはない。天板を外しても5インチベイと電源ベイがあるだけだ。フロントにある180mm冷却ファンで十分なエアフローが実現でき、防塵性能を落としたくないのだと想像する

ケース中央には長大なビデオカードを支えるVGAサポーターを装着できる

 徹底的な防塵・防滴を考えているのが本製品の特徴で、大きさや重量、防塵性能を維持するために不便な面もあるが、このPCケースなら過酷な環境でもハイスペックなPCを運用できるのではないか、という期待感を強く持てる。

 ホコリっぽい部屋での運用だけでなく、切り粉がでる工房や、屋外からの砂や雨に晒されるガレージなど、本製品なら活躍できそうな場面は多いはずだ。

 また、HEPAフィルターを採用した掃除機は「掃除機からの排気のほうがお部屋の空気よりキレイ」なんて謳い文句がつけられていたが、本製品で組んだ自作PCを使ってるだけでお部屋の空気がキレイになってしまうのではないか? そんなことを考えてしまえるのは本製品だけだ。

【関連サイト】

【機材協力】

→次のページヘ続く (SilverStone「Raven X」

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中