このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

長~く使える極上のPCケース2015第1回

長~く使える極上のPCケース2015【CoolerMaster/CORSAIR編】

2015年11月23日 12時00分更新

文● 千駄木 和弘 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 恒例の「長~く使える極上のPCケース」特集の時期がやってきましたよ! 今年も数多く行なったアキバ取材で見つけたイケてるPCケースを編集部内で吟味し「これは良いケースだよね」とオススメできる製品を改めて紹介しようという特集だ。

恒例のPCケース特集が今年もスタート

 2015年は“Skylake”こと第6世代インテルCoreプロセッサーが登場したこともあり、新CPUに合わせてマザーボードなどのPCパーツを刷新しようというユーザーも多いのではないかと思う。

 他にも大きいビデオカードや水冷クーラーなど、新しいパーツを購入したときこそPCケースを変える絶好の機会だ。もし、これから新しいPCパーツを購入しようと計画してるなら、パーツに合うケースも一緒に考えいくと、より楽しいPCライフが過ごせるはずだ。

 今年登場するのは8製品。今回はCoolerMasterとCORSAIRのケースを紹介しよう。

CoolerMaster
「MasterCase Pro 5」

●URL:http://apac.coolermaster.com/jp/case/mid-tower/mastercase5-series/
●実売価格 2万1000円前後

対応フォームファクターはATX、Micro ATX、Mini-ITXのミドルタワー。角をスパッと切り落として六角形の断面が見えてるような、直線的でシンプルなデザインだ

必要なパーツだけを選んでケースを作り上げる
CoolerMaster「MasterCase 5」シリーズ

 自作PCに限った話ではないが、どんな製品にも「この機能をもっと強化したい」や「この機能は不要」と感じる部分はあるもの。そうした機能の過不足をユーザー自身で選択でき、できるだけ理想の構成にカスタマイズできるケースが「MasterCase 5」シリーズだ。

 「MasterCase 5」シリーズは、メーカーが用意した「モジュール」と呼ばれるオプションパーツを駆使して外装・内装を自由に変更できる製品だ。カスタマイズできる箇所はフロントパネル、トップカバー、サイドパネル、シャドウベイで、必要に応じてモジュールを追加・交換して理想のケース仕様に近づけられる。

 製品ラインアップは基本となるベース製品となる「MasterCase 5」、別売モジュールを搭載済みの上位モデル「MasterCase Pro 5」があり、今回の記事では上位モデルのほうを取り扱う。

なお、上位モデルの「Pro 5」はトップカバーが装備されているが、標準ベースモデルではトップカバーがないかわりに2つの手持ちグリップが出現する。トップカバーを取り付けてあっても手をいれて持ち運べるので問題はない。

Cooler Masterのケースの造形は極端にシンプルか、やたらアクの強いデザインかの2パターンに振りきれる傾向があるが、「MasterCase 5」シリーズはシンプル路線を採用。外見の派手さよりも内部のカスタマイズ性の高さで勝負! という感じなのだろう見るからにエア抜けの良さそうなメッシュカバー内には120/140mmx3の冷却ファンが搭載可能。「Pro 5」では標準ベースモデルより1基多い、140mm×2の冷却ファンが搭載されている。Pro 5は標準モデルより冷却性能を強化している製品なのだ
ケース内部は板状のフレームで上段・下段エリアに分割されたデュアルチャンバー構造を採用。電源が収まる下段エリアに邪魔な配線を逃すとパーツ配置がスッキリするアクリル製の窓がついたサイドパネルも「Pro 5」なら標準搭載。標準のベースモデルは窓なしパネルだ。アクリル窓をよくみると大部分を占める上部はクリア、窓の下側はスモーク仕上げになっている。スモーク部分はデュアルチャンバー下部を覆うもので、見苦しい配線処理を目立たなくする工夫だ。

→次のページヘ続く (「MasterCase Pro 5」の内部

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中