このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

長~く使える極上のPCケース2015 第3回

長~く使える極上のPCケース2015【Antec/Fractal Design編】

2015年11月25日 12時00分更新

文● 千駄木 和弘 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 毎年恒例の「長~く使える極上のPCケース」特集。この1年で発売されたPCケースの中から、編集部がオススメできる8製品をピックアップ。3回目の今回はAntecとFractal Designのケースを見ていこう。

Antec
「S10」

●URL:http://www.antec.com/product.php?id=707047&fid=5022166&lan=nz
●実売価格 7万3000円前後

観音開きの強化ガラスが両側面に配置された外観は、PCケースというよりもAVラックのような雰囲気。SSI-CEB対応フルタワーという背の高いケースだ。シャーシ自体がかなり大きくて重いのだが、強化ガラス製パネルの重量もかなり重たく、ケース重量は約17.7kgというヘビー級製品だ

ケース内を3分割して理想的なエアフローを作りだす
強化ガラスパネルが美しいハイエンドフルタワー

 今年開催されたCOMPUTEX TAIPEIで展示された新作PCケースには、ケース内部を魅せる機能として「強化ガラス」を採用する製品がいくつか登場した。

 強化ガラス窓なら強度があり汚れもサッと拭き取れる、静電気が起きにくくホコリを寄せ付けないなど、アクリルよりも「内部を美しく魅せる」という点で大きく優っている。デメリットもちろん存在し、アクリルよりも高価な素材なためPCケース価格もお高くなってしまう。

 PCケース素材として魅力のある強化ガラスを採用し、最上位のハイエンドモデルとしてリリースすることで高価格でも納得のいく製品に仕上げたのがAntecの「S10」だ。

AntecのPCケースは機能性とデザインを両立させた派手なモデルが多いが、本製品は樹脂製パネルにメッキが輝くロゴマークだけを配置。「これぞフラッグシップモデル」という凛とした佇まいだ。前面パネルに開閉ギミックはなく、5インチベイ開口部はケース全体に存在しないため、内蔵光学ドライブは搭載できない

フルタワーケースだけあって10基もの拡張スロットがずらっと並んでいるのは壮観だが、配置レイアウトは特に変わった部分はなく基本どおり。背面の冷却ファンも120mmサイズの低速ファンという、いたって普通の構成を採用。ハイエンドモデルだからといってすべてに奇をてらう必要はないのだ

強化ガラス製サイドパネルは観音開き式で、左右のガラスパネル境界上部にあるボタンを押すとロックが解除される

→次のページヘ続く (「S10」の内部

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中