このページの本文へ

CoolerMasterが組み替え可能なPCケース「MasterCase 5」を発表

2015年09月15日 22時00分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CoolerMasterが都内で新製品発表会を実施、PCケース「MasterCase 5」シリーズなどを公開した。

CoolerMasterの新型PCケース「MasterCase 5」

パーツを組み合わせて自分だけの
オリジナルケースを作れる

 PCケース「MasterCase 5」シリーズの基本コンセプトは、メーカーが用意した豊富なオプションパーツを使い、自分だけのオリジナルケースを作れるというもの。フロントやトップパネルといった外装パーツや、各シャドウベイをオプションパーツとして用意している。

FreeFormモジュラーと呼ばれる設計により、フロントやトップのパネル、各種ベイなどを自由に着脱できる。単体販売されるこれらのパーツを組み合わせて、ベイ数を増やしたり、外観を変更できるのが特徴だ

 ベースとなるモデルは基本モデルの「MasterCase 5」、上位モデルの「MasterCase Pro 5」、最上位モデルの「MasterCase Maker 5」の3タイプが用意されている。

 「MasterCase 5」は2万円前後で18日発売予定、「MasterCase Pro 5」は2万3000円前後で18日発売予定。「MasterCase Maker 5」は価格未定で年内の発売を予定している。

内部は、上下のエリアに仕切られたデュアルチャンバー構造を採用。裏配線にも対応する
拡張スロットは7段。リアのファンは120mmと140mmの両対応。ファンの位置も任意に決められるため、ラジエーターと干渉することはないフロントにはUSB 3.0ポートを2つ標準装備。天板には120mmもしくは140mmファンを2基搭載可能だ
ドライブベイは任意の高さに好きな数だけ配置できる電源の直上に2.5インチベイを2つ用意している
フロントに140mmファン×2を搭載した構成280mmラジエーターもフロントに搭載可能だ

 ベースモデルのドライブベイ数は、5インチ×2、3.5インチシャドウ×2、2.5インチシャドウ×2+2。対応フォームファクターはATX、Micro ATX、Mini-ITXで、外形寸法は235(W)×548(D)×512(H)mmとなる。

 搭載可能ファンは、フロントとトップが120/140mm×2、リア120/140mm×1で、フロントとリアにそれぞれ140mmファンを1基標準装備している。ラジエーターはフロントが120/140/240/280mm、リアが120/140mmまでの長さに対応する。

 ビデオカードはHDDベイ装着時は296mmまで、HDDベイ未装着で412mmまでサポート。電源ユニットは奥行き200mm、CPUクーラーは高さ190mmまでサポートする。

こちらは上位モデルの「MasterCase Pro 5」。トップカバーが付属するのが大きな違いだ

その他の新製品(参考出展)

本格水冷CPUクーラー「MasterLiquid Maker」。リザーバータンクの上下方向やチューブの出口を組み替えて、さまざまな組み立てが可能
空冷CPUクーラーの「MasterAir Maker」。ファンをスライドさせて、直下のVGAに風を当てたり、メモリーとの干渉を避けられる。また、公開データをもとに3Dプリンターでカバーを自作できる
USBファンとUSBハブを着脱可能なノートPCスタンド「MasterPal Mobile」イヤーカップとドライバーユニットを交換可能なゲーミングヘッドホン「MasterSounds」

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中