このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第355回

植物の環境を守るParrot Flower Powerを衝動買い!

2015年11月11日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Parrot Flower Power」は小枝のパチンコのようなセンサー内蔵の植物モニターだ「Parrot Flower Power」は小枝のパチンコのようなセンサー内蔵の植物モニターだ

 昨今はガーデニングを趣味とする人が極めて多いが、筆者は子供の頃から植物栽培は苦手中の苦手で、夏休みの学校の花壇当番の時も、いつも植物を枯らしていた。

 家庭を持ってからは家族が面倒を見てくれるのでそういうことはなくなったが、今でも一人で植物当番をすれば同じ問題を引き起こしそうだ。

 そんな植物と会話できない人種向けに、ドローンで有名なパロットが「Parrot Flower Power」(以降、フラワーパワー)と呼ばれる“植物生育モニターシステム”を販売している。

 今回はその商品を購入し、同時に近所の花屋さんで観葉植物もほぼ同時に購入してフラワーパワーを使いはじめたので、その概要と使い勝手をご紹介したい。

さまざまなセンサーで植物の育成を見守る
「フラワーパワー」

一目見ただけで、分かる人には分かる秀逸なパッケージだ 一目見ただけで、わかる人にはわかる秀逸なパッケージだ
同梱物は全部でこれだけ。ウェブで見られる日本語ユーザーガイドがわかりやすい 小さくたたまれた腕時計の取説みたいな数ヵ国語で記述された操作設定ガイド
同梱物は全部でこれだけ。ウェブで見られる日本語ユーザーガイドがわかりやすい小さくたたまれた腕時計の取説みたいな数ヵ国語で記述された操作設定ガイド

 パッケージには、フラワーパワー本体と、最新情報が見られるウェブサイトのURL&QRコードが記された冊子、小袋に小さく折りたたまれた多国言語の詳細な取説、単4乾電池一本、概要説明の厚紙が入っている。

 フラワーパワーを簡単に紹介するなら、Bluetooth 4.0に対応し、複数のセンサーデバイスを内蔵したアルファベットの「Y字型」をした植物環境モニターハードウェアだ。

 iOS用とAndroid用アプリを導入したスマートフォンと任意の時刻に自動で通信し、植物育成に関するさまざまなデータを収集できる。そして詳細なヒストリカルデータはサーバーシステムに保存される仕組みだ。

一見して子供の頃遊んだパチンコのような感じ。デザインは秀逸だ。各所にセンサーデバイスが仕組まれている 日当たりセンサー(左の枝)とバッテリーホルダー部(右側の短い枝)
一見して子供の頃遊んだパチンコのような感じ。デザインは秀逸だ。各所にセンサーデバイスが仕組まれている日当たりセンサー(左の枝)とバッテリーホルダー部(右側の短い枝)

 フラワーパワーの本体は、平行に分岐した2つの足の部分を花壇や鉢植えの植物の脇の土の中に差し込んで、対象となる植物の「日当たり」「温度」「肥料」「湿度」を4つのセンサーで適時モニターして記録してくれる。

 そして、貴方の植物に必要なすべての要素の状況を教えて、次になすべきアクションを知らせてくれる便利な商品なのだ。

(次ページに続く、「まずはアプリを導入、そして植木鉢にフラワーパワーを深く差し込む!

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン