このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

きれいに紅葉を撮るならコレ! 秋のデジカメ特集第3回

4万円台からの最新ミラーレス一眼4機種の画質をチェック!

2015年11月04日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 小型軽量、なおかつデジタル一眼レフ並の画質で写真が撮れるのがミラーレス一眼の特徴だ。

 最近のトレンドはEVFを搭載し、カメラを構えて撮る“一眼レフスタイル”が可能なこと。もちろん背面モニターも搭載しているので“コンデジスタイル”で撮ることもできるが、明るい屋外などでは外光の反射が邪魔になってしまう場合もある。

 EVFなら周りは遮光されるので明るい屋外でも使いやすいし、背面モニターだと顔との距離をある程度取る必要があるが、EVFなら顔に近づけて撮ることもでき、安定してホールディングが可能だ。

 また、背面モニターがカメラ正面を向くことで、自分撮りが可能になっている機種も増えている。この機能はミラーレス機では標準になっていくかもしれない。

自撮りもできるオシャレなミラーレス一眼
キヤノン「EOS M10」

本体サイズは幅108×奥行き35×高さ66.6mm、バッテリーとメディア込みの重量は約301g。凹凸の少ないシンプルなデザインは好感が持てる
本体サイズは幅108×奥行き35×高さ66.6mm、バッテリーとメディア込みの重量は約301g。凹凸の少ないシンプルなデザインは好感が持てる

 キヤノンのミラーレスシリーズ「EOS M」に新たに加わったのが、今回取り上げる「EOS M10」(ボディーのみの実売価格は4万4000円前後)。シリーズの中ではエントリークラスとなり、自撮り可能なチルトモニターを備えている。

 基本的な機能は同シリーズの上位モデル「EOS M3」に近い。有効約1800万画素の「ハイブリッド CMOS AF II」を採用するので「M2」と同等と思えるが、画像処理システムには最新の「DIGIC 6」が採用されている。

 また、AFの測距点が49点とM2よりも増えており、M3と同じになっている。撮像素子の画素数は実用性重視で控えめにしつつも、機能面では現在の最新のものが搭載されている。

背面液晶は3型(約104万画素)。タッチ操作が可能なので背面インターフェースはちょっと操作系が少なめ 背面モニターは自撮り可能になっている。下方向には動かない
背面液晶は3型(約104万画素)。タッチ操作が可能なので背面インターフェースはちょっと操作系が少なめ背面モニターは自撮り可能になっている。下方向には動かない
本体上面。シャッターボタンのフチが回転してダイヤル操作ができる。ホットシューがないので外付けのストロボは使用できない
側面にはHDMI出力とUSB端子が備わる。記録メディアはSDメモリーカードで、こちらも側面からの交換になる グリップ側には無線接続用のボタンが用意されている。NFCも裝備
側面にはHDMI出力とUSB端子が備わる。記録メディアはSDメモリーカードで、こちらも側面からの交換になるグリップ側には無線接続用のボタンが用意されている。NFCも裝備
ストロボは内蔵式で側面のスイッチでポップアップする

 M10は、今までのMシリーズで培った機能をベースに軽快さや快適さをウリにしている。カラーバリエーションは3つ(ブラック、グレー、ホワイト)から選択可能で、7種類のフェイスジャケット、2種類のグリップを好みで組み合わせることができる。

 ボディーデザインがシンプルなので、アクセサリーで好みに着飾れるのは需要がありそうだ。

(次ページに続く、「沈胴式の新レンズを採用 EOS M10の画質をチェック!

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン