このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

きれいに紅葉を撮るならコレ! 秋のデジカメ特集第1回

手軽に精細な写真を撮る! 1型以上のセンサーを採用する高画質コンデジ

2015年11月02日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 今年も紅葉シーズンが到来した。デジカメを片手に山や公園を散策する季節である。

 そこで、本特集ではスマートフォンのカメラとは一味違う高画質コンデジ、レンズ交換してみたい人向けのエントリー系ミラーレス一眼、とにかく画質にこだわりたいという人向けのフルサイズ一眼の3カテゴリーからおススメ機種をピックアップ。画質をチェックする。

 今回は、画質のいいコンデジとして、キヤノン「PowerShot G5X」、ソニー「RX100IV」、リコー「GR II」の3機種選んでみた。どれも大きめの撮像素子を採用しており、描写性ではスマホはもちろん、一般的なコンデジよりも優れているのが特徴。レンズ交換こそできないが、デジイチに匹敵できるだけの性能を持ったコンデジ達だ。

コンパクトながら一眼スタイルで撮れる
キヤノン「PowerShot G5X」

「PowerShot G5X」
「PowerShot G5X」

 「PowerShot G5X」(以下、G5X)はPowerShotのGシリーズとしては初採用になるEVFを内蔵した一眼レフスタイルを採用するコンデジだ。同社のオンラインショップでは9万1800円で販売されている。

本体上面(左が広角側、右が望遠側)。大きめのモードダイヤルと露出補正ダイヤルが特徴的だ
フロント側の電子ダイヤルとレンズ基部のコントロールリングでマニュアル的な操作も行なえる。好みで機能を割り当てられるので、頻度の高い機能を簡単に呼び出せる フロント側の電子ダイヤルとレンズ基部のコントロールリングでマニュアル的な操作も行なえる。好みで機能を割り当てられるので、頻度の高い機能を簡単に呼び出せる
ストロボの出し入れは手動。出した状態でもあまり邪魔にならない
背面モニターはタッチ対応の3型液晶パネルを採用(約104万画素)。EVFは0.39型、約236万画素の有機EL。高精細でかなり見やすい
背面モニターはタッチ対応の3型液晶パネルを採用(約104万画素)。EVFは0.39型、約236万画素の有機EL。高精細でかなり見やすい
横開き式のバリアングル液晶を採用。ハイアングルからローアングルまで自由な位置にカメラを持っていけるほか、自撮りにも便利だ 横開き式のバリアングル液晶を採用。ハイアングルからローアングルまで自由な位置にカメラを持っていけるほか、自撮りにも便利だ

 有効画素数は約2020万画素の1型裏面照射型CMOSセンサー、画像処理には最新の「DIGIC 6」を搭載している。背面モニターにはタッチ操作が可能なバリアングル液晶を採用する。

 レンズは35mm判換算で約24-100mm相当、広角側の開放F値はF1.8、望遠側でもF2.8と明るい大口径ズームを搭載。

 明るいシーンでも絞りを開けることのできるNDフィルター(約3段分)を内蔵しているのも特徴だ。NDフィルターは任意にオン/オフ設定できるが、オートにしておけば明るい場合に自動的にオンになる。

 もちろん、光学式の手ブレ補正機構を採用。最短撮影距離は広角側でレンズ前約5cm、望遠側では約40cmになる。

 カメラまかせのフルオートからマニュアル撮影、豊富なエフェクト系の撮影モードが用意されていて楽しい写真が簡単に撮れるほか、シャッタースピードや絞りを駆使して思い通りに仕上げる楽しみ方もできる。

 一眼レフスタイルとは言いながらも、本体サイズは幅112.4×奥行き44.2×高さ76.4mmとコンパクトなのも大きな特徴。重量は電池とメディア込みで約377gだ。

 絞り値的には大口径だがレンズはそれほど大きくないので目立たない。電源オフでレンズバリアが動作してくれるのはうれしい仕様だ。

(次ページに続く、「ISO 3200でもノイズは気にならず実用的! 撮影サンプルで見るPowerShot G5Xの画質

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン