このページの本文へ

きれいに紅葉を撮るならコレ! 秋のデジカメ特集 第1回

手軽に精細な写真を撮る! 1型以上のセンサーを採用する高画質コンデジ

2015年11月02日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高感度の特性はバツグン!
撮影サンプルで見るRX100 M4の画質

レンズチェック(広角側)

F1.8

F1.8

F2.0

F2.0

F2.8

F2.8

F4.0

F4.0

F5.6

F5.6

F8.0

F8.0

F11

F11

 極四隅で収差が出ているが、全体的に絞り開放からシャープネスが高く解像感も高い。絞っていっても最小絞りのF11まで行くと若干解像感が低下するが、それでも十分な描写力を持っている。

レンズチェック(望遠側)

F2.8

F2.8

F4.0

F4.0

F5.6

F5.6

F8.0

F8.0

F11

F11

 望遠側も広角側と同様の傾向だ。絞り開放からシャープネス、解像感ともに高い。F5.6くらいまで絞るといい感じだが、それ以上だと解像感がわずかに低下していく。それでも絞っても使える良好なレンズと言える。

感度別撮影サンプル

ISO 80

ISO 80

ISO 100

ISO 100

ISO 200

ISO 200

ISO 400

ISO 400

ISO 800

ISO 800

ISO 1600

ISO 1600

ISO 3200

ISO 3200

ISO 6400

ISO 6400

ISO 12800

ISO 12800

 ノイズはISO 800くらいから出はじめているがあまり目立たない。ISO 6400を超えると目立ってくるが、ディテールの再現性はいい。

 ISO 400くらいからシャープネスに若干影響が出はじめ、ISO 1600あたりからさらに影響が大きくなっているが、全体的に良好な画質といえる。センサーサイズが1型とは思えないくらい高感度での特性はいい。

写真も動画も本格的に撮れる!

広角側で絞り開放F1.8で撮影。1型センサーとはいえ、被写界深度はかなり浅いが、背景は思ったほどはボケない

広角側で絞り開放F1.8で撮影。1型センサーとはいえ、被写界深度はかなり浅いが、背景は思ったほどはボケない

望遠側、開放絞りのF2.8で撮影。広角側もだが、背景のぼけの形はちょっと整ってない印象

望遠側、開放絞りのF2.8で撮影。広角側もだが、背景のぼけの形はちょっと整ってない印象

意図的に画角内に太陽を入れてハレーションを出した。コントラストが低下しているが、シャープネスは損なわれていない。印象通りの写真が撮れている

意図的に画角内に太陽を入れてハレーションを起こしてみた。コントラストが低下しているが、シャープネスは損なわれていない。印象通りの写真が撮れている

 4K動画を記録するにはClass10以上のSDXCメモリーカードが必要で、最大5分までしか記録できない。とはいえ、コンパクトで気軽に4K記録が可能な点は評価したい。

 また、動画撮影時にはピクチャープロファイルの適用やS-Log2ガンマを使用できたり、タイムコードに対応しているなど、ほとんど業務用カメラと同等の使い方が可能だ。

 静止画でも十分な撮影機能を持ちつつ、動画までも対応できる見た目にそぐわないハイエンドユースにも対応できるコンパクト機だ。

(次ページに続く、「APS-Cサイズの大型撮像素子を採用! 高解像な写真が撮れるリコーイメージング GR II

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン