このページの本文へ

世界最速、最多、最大のAF搭載! ソニーの高級コンデジ「RX100V」が10月発売決定

2016年10月14日 11時30分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DSC-RX100V」

「DSC-RX100V」

 ソニーは10月14日、高級コンパクトデジタルカメラ「RX100」シリーズの最新機種「DSC-RX100V」を発表した。10月21日発売予定で、予想実売価格は13万円前後。

 1型(有効2010万画素)のメモリー一体型積載CMOSセンサー「Exmor RS」を採用するが、新機種では像面位相差センサーを組み込み、さらにメモリー容量を増やした。

AFエリアのイメージ図

AFエリアのイメージ図

像面位相差センサーを組み込んだことでファストハイブリットAFが利用可能に

像面位相差センサーを組み込んだことでファストハイブリットAFが利用可能に

ライブビュー画面。AF範囲が左右に黒い線で表示されている

ライブビュー画面。AF範囲が左右に黒い線で表示されている

 これによりAF性能が大幅にアップ。315点の測距点を備え、撮像エリアの約65%をカバーし、0.05秒の合焦速度を実現。1型センサー搭載のレンズ一体型デジカメとしては最多の測距点であり、最大のカバー範囲であり、最速のAFとのことだ。

画像処理エンジンは「BIONZ X」にフロントエンドLSIを組み合わせている

画像処理エンジンは「BIONZ X」にフロントエンドLSIを組み合わせて高速処理を実現

 さらに、画像処理エンジンには、同社一眼の最上位機種「α99II」で採用されているフロントエンドLSIを採用し、AF/AE追従で24コマ/秒の連写を実現。こちらも世界最速となる。

 バッファーメモリーの増加により、最大150枚の連続撮影が可能で、時間にすると6.3秒間、24コマ/秒の連写を続けることができる。

本体背面。モニターは3型(約123万画素)

本体背面。モニターは3型(約123万画素)

チルト式で上方向に180度回転。自撮りも可能だ

本体上面

本体上面。本体右側にモードダイヤルやズームレバーなどを搭載する

ポップアップ式のEVF(0.39型有機EL、約236万画素)とフラッシュを搭載する

側面にmicroUSBとmicroHDMI端子を搭載。無線LANを搭載し、NFCにも対応する

側面にmicroUSBとmicroHDMI端子を搭載。無線LANを搭載し、NFCにも対応する

 レンズは光学2.9倍の「ZEISSバリオ・ゾナーT*」を採用。F1.8~2.8となっている。

 感度設定はISO 125~12800まで設定でき、拡張でISO 80/100、マルチショットNRでISO 25600まで設定可能だ。

 動画撮影は4K記録が可能。像面位相差センサーにより精度の高いAFが利用できるほか、AF駆動速度や追従感度を調整できるようになった。また、4K動画からの静止画切り出しも可能だ。

設定でAF駆動速度や追従感度を調整可能

スローモーション動画の撮影も可能だ

スローモーション動画の撮影も可能だ

 さらに、最大40倍(960fps、1244×420)のスローモーション動画の撮影ができるのは従来機と同じだが、撮影可能時間が約2倍に向上している。

 なお、同社はこれまで、「RX100」から「RX100IV」までの4機種をリリースしているが、すべて継続販売される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン