このページの本文へ

Razer「Razer BlackWidow Ultimate 2016」

Razerの最新キーボード「BlackWidow Ultimate 2016」は29日発売

2016年01月20日 22時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Razerのゲーミング向けメカニカルキーボード「BlackWidow Ultimate」シリーズから、新モデル「Razer BlackWidow Ultimate 2016」が登場。今月29日の発売を前にサンプル版が入荷していた。

今月29日の発売が予定されているゲーミング向けメカニカルキーボード「Razer BlackWidow Ultimate 2016」

 「Razer BlackWidow Ultimate 2016」は、“緑軸”(キー荷重50g)と“オレンジ軸”(キー荷重45g)の2タイプをラインナップするゲーミング向けメカニカルキーボード。日本語配列と英語配列が用意され、都合4モデルが店頭に並ぶ予定だ。

 従来モデルにあったメインキー左にあった5つのマクロキーは廃止。イメージカラーである緑色で発光するライティングエフェクトは、常時点灯の「Static」、波打つ「Wave」、連続的に明暗させる「Breathing」、タッチしたキーのみが発光する「Reactive」、タッチしたキーを中心に波紋のように広がっていく「Ripple」そして、夜空の星の様に全キーがランダムに発光する「Starlight」の全6種類が用意される。

“緑軸”(キー荷重50g)と“オレンジ軸”(キー荷重45g)の2タイプをラインナップ

 そのほか基本スペックは、10キーの同時押しに対応するほか、キーの入力抜けを防ぐアンチゴースト機能、Windowsキーを無効化する「Gaming mode」をサポート。ヘッドセットを接続用のオーディオ入出力ポートとマウスを接続できるUSBパススルーポートを搭載する。

 発売は来週29日(金)。価格はパソコンショップアークで1万4385円、ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.、LEVEL∞HUBで1万5984円となっている。

日本語配列と英語配列が用意され、都合4モデルが店頭に並ぶ。価格は全モデル共通だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中