このページの本文へ

ルーターから遠い部屋でもWi-Fiエリアに!

バッファロー、11ac対応のコンセント直挿しWi-Fi中継器

2015年09月02日 14時59分更新

文● コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッファローは9月2日、コンセント直挿しタイプの小型無線LAN中継器「WEX-733DHP」を発表した。9月下旬より全国の家電量販店および、バッファロー直販サイト「バッファローダイレクト」にて発売する。

 Wi-Fi規格IEEE 802.11acに対応しており、最大433Mbps(理論値)での高速通信が可能だ。5GHz(11ac/n/a)と、2.4GHz(11n/g/b)のデュアルバンド対応で、切替スイッチで親機との接続を5GHzに固定できる。

LEDはボタン操作で点灯/非点灯を切替できるので、夜間などの消灯も可能

コンセントさえあれば動作するので、設置場所の自由度は高い

 また、Wi-Fiルーターがリンクレートを制御することにより中継機との無線通信を安定化し、動画の乱れを抑えてスムーズに再生する「Smart Exrate」に対応。同じくSmart Exrate対応の同社製Wi-Fiルーターとの組み合わせで、中継先でもビデオ・オン・デマンドなどの動画が乱れることなくスムーズに鑑賞できるという。

 本体のボタンを押すだけで無線LAN設定ができるWPSに対応するほか、前面に配置されたLEDインジケーターで電波強度を表示できる。本体サイズはおよそ幅64×高さ86×奥行き40mm、重量は約135g。価格は8424円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン