このページの本文へ

Android WearがiPhoneに対応! Apple Watchの牙城を崩せるか?

2015年09月01日 02時50分更新

文● ゆうこば/週刊アスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Googleは、腕時計型端末向けOS“Android Wear”のiPhone対応を発表しました。iOS 8.2以降のiPhone 5/5s/5c/6/6 Plusで利用可能です。

 Android WearとiPhoneをつなぐにはiOS向けアプリ「Android Wear for iOS」が必要。現状では「LG Watch Urbane」がサポートされており、今後ファーウェイやASUS、モトローラの端末が追加されるようです(残念ながらソニーモバイル、サムスンの名は挙がっていませんでした)。

 機能としては、Google Nowや各種アプリの通知の受け取り、歩数や(腕時計側がサポートしていれば)心拍数の記録、“Ok Google”からスタートできる音声コマンドを使った検索、リマインダーの登録などが可能です。

 列挙されている機能やiOSの傾向から考えると、Androidスマホ・タブレット×Android Wearの組み合わせに比べるといくらか機能に制限がありそうです(たとえば、AndroidではGoogle Playからウォッチフェイスをダウンロードできますが、現状App Storeでは公開されていないようです)。

 ただ、iOS×Apple Watchの組み合わせに比べると、腕時計の形状などに選択肢があるのも事実。iPhoneユーザーがどのくらいAndroid Wearを利用するか楽しみです。LG Watch UrbaneとiPhoneを持っている方は、試してみてください。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中