このページの本文へ

Wi-Fiによるスマホとのペアリングに対応、遠隔地でも通知が受け取れるように

Apple Watch対抗? Android Wearが大規模アップデート

2015年04月22日 13時18分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Wi-Fi対応など、Android Wearが大規模アップデート

 米グーグルは現地時間4月20日、ウェアラブル向けOS「Android Wear」のアップデートを予告した。公式ブログで発表されたもの。

 新たな機能として、スマートフォンとのWi-Fi接続に対応。これまではBluetoothによる接続にのみ対応していたが、インターネット経由でのペアリングが可能となり、手元にスマートフォンがない状態でも通知を受け取れるようになるという。

 また、デバイス非操作時の画面表示オプションをアプリケーションにも対応させ、目的地の地図や買い物リストなどのTo-Doを常に確認できるよう表示しておくことが可能になるとしている。

 そのほか、手首の回転動作に連動した画面切り替え、手書きによる絵文字入力などの機能が追加される。

 アップデートは今後販売開始される韓国LGエレクトロニクスの「LG Watch Urbane」を皮切りに、数週間かけて現行のすべての機種に順次実装される見込みだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン