このページの本文へ

パックマンデザインのウォッチフェイスも!

Android Wearの文字盤カスタムが可能に! APIも公開

2014年12月11日 14時53分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Android Wearの文字盤カスタマイズが解禁に

 米Googleは現地時間12月10日、Android Wearの文字盤を変更できるカスタムウォッチフェイスを正式に解禁した。同時に開発者向けのWatch Face APIを公開している。

 これによりユーザーは、様々なデザインや機能を持ったウォッチフェイスアプリを自分のAndroid Wearにダウンロードでき、APIを利用してアプリの作成・配布が可能となる。現時点では、レベッカミンコフ、パックマン、ベアブリックなど数十種類のデザインがGoogle Playストアからダウンロードできるようだ。なお、カスタムウォッチフェイスはAndroid 5.0 Lollipopアップデート後にのみ使用可能となる。

 また今回の発表にあわせ、スマートフォン/タブレット向けのAndroid Wearアプリがアップデートされており、文字盤デザインのブラウズやダウンロード、変更などの機能が追加されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン