このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

プリンストンが販売する高機能ストレージ「Drobo」を活用しよう 第5回

HDDがトンだ? Droboならリカバー作業も超イージー

2015年09月14日 11時00分更新

文● 飯岡真志 編集 ●金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

トラブルが起きても、Droboなら手間いらず

 これまで、Windows/Macの外付けストレージ(Direct Attached Storage、以下DAS)として機能するDrobo 5D、ネットワーク経由で接続する(Network Attached Storage、以下NAS)Drobo 5Nをそれぞれ紹介してきた。両者はパソコンとの接続方法が異なるが、BeyondRAID技術が用いられており、以下の特徴を備える点は共通している。

  • 容量の異なる複数のHDD/SSDを束ねて効率良く利用できる
  • RAID5/6相当のデータ保護
  • 必要に応じてHDDを追加して、容量を増やせる

 他のストレージ製品では得られないこれらの高度な機能を、技術的な知識がなくても利用できる点、これがDroboシリーズ最大のメリットである。某アニメの登場人物の言葉を借りれば、

「ストレージ機器の性能の違いが実用性の決定的差」

なのである。

 そうは言っても、「実際に搭載しているHDDが故障したら、けっこうタイヘンなことになるのでは?」と思われる方も多いだろう。その通りで、以前よりはるかに信頼性が高くなっているとはいえ、HDDは「いつかは壊れるもの」と思って使うべき機器である。イザという時に慌てないよう、Droboシリーズに搭載したHDDが故障した場合の対処法をご紹介しよう。今回はDASであるDrobo 5Dを用いているが、NASであるDrobo 5Nでも対処法は共通である。

HDDを1台取り外しみよう

 Drobo 5Dには、あらかじめ5台のHDD(1TB×4、250GB×1、実効容量は約2.9TB)を搭載しており、これまでの実験を通じて実効容量の40%ほどを使用している状態となっている。さすがに稼働中のHDDをぶち壊すわけにはいかないので、1台のHDDを取り外すことにする。HDDを取り外すと、搭載していたベイの横にあるLEDは消え、残り4つのベイ横にあるLEDは緑と黄色の点滅状態になる。LEDが点滅しているベイのHDDは、取り外してはいけない。

稼働中のHDDを1台取り外すと残りのベイのLEDが点滅を始める

Drobo Dashboard上からも異変が起きたことが即座にわかる

 ここで、Droboシリーズのベイごとに備えられているLEDの意味について説明しておこう。非常に直感的なもので、緑なら問題なく稼働中、点滅したり、黄色や赤の時は何らかのトラブルが起きていることを表している。

Droboユーザーがとるべきアクション
LEDの状態アクション
緑点灯特にない
黄色点灯ドライブを追加
緑と黄色に点滅ドライブを取り外してはいけない
赤点灯すぐにドライブを追加
赤点滅ドライブが故障しているので要交換

 上に示した写真やDrobo Dashboardでは、HDDを1台取り外した状態で、残り4台のHDDに対応したLEDが緑と黄色の点滅状態になっている。前述のとおり、これはDrobo内部でこのドライブに対して処理が行われているため、ドライブを取り外してはいけないことを示している。その一方で、この状態はドライブの追加(黄色LEDの点灯)を要求されていないことも示している。

空き容量が多ければ、4台でもデータ保護状態に

 これはどういうことかというと、残った4台のHDDによる実効容量が十分に大きいため、記録済みのデータを(RAID5相当の保護をしつつ)保存できるということだ。つまり、5台のHDDのうち1台を失っても、残った4台に記録されたデータを再配置(リビルド)することで、データ保護された状態に戻せるというわけだ。もちろん今どきのテラバイトオーダーのHDDを用いている場合、リビルドにはそれ相応の時間が必要となる。またデータ転送性能は低下するが、リビルド中にもデータの読み書きは行える。

 記録しているデータが大量で、残ったHDDでは記録しきれない場合は、HDDを取り出したベイ横のLEDが黄色に点灯し、新しいHDDの追加を促される。追加するHDDの容量は、取り出したHDDと同じかそれ以上であれば、容量が不足することもないので、十分な容量のものを用意しよう。

新たに1TB HDDを追加

 今回の実験では、空き容量には余裕がある状態だったが、新たに1TB HDDを追加した。この場合でもリビルドは行われることになる。リビルドに要する時間、すなわちLEDの点滅が終了してベイの横にあるLEDがすべて緑になるまでの時間は、今回の条件では約2時間といったところだった。もちろんこれは、記録されているデータの量やHDDの状態により大きく変わると思われる。

 またLEDが「緑一色」の状態になったあとも、HDDへのアクセスが断続的に行われていた。想像になるが、これは2~4台のHDDでRAID5相当の記録がされているデータを、5台のHDDを用いた記録に変更している(広義のリビルド)と思われる。


 

(次ページ、「HDDが本当に故障した場合は?」に続く)

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ