新社長就任記者会見を開催

VAIO、ロボット事業参入へ-「AIBO」で培った技術を活用

文●鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

VAIO新社長 大田 義実氏が今後の戦略を語った

 VAIOは8月19日、新社長に就任した大田 義実氏の記者会見を開催。今後はロボット製造など新規領域への参入と、PC製品の海外展開を行なっていくことを発表した。

 7月1日で設立1周年を迎えたVAIO。6月8日付けで新社長に就任した大田氏は、これからの目標として「自立と発展」を掲げた。

体制の変更による「自立」と、商品力/販売力の強化による「発展」を目指す

「設計/製造から販売/サポートまで一貫した体制を作る」

 大田氏によれば、VAIOの強みは「設計・製造技術」「経験豊かな人材」「ブランド」であるという。これらを活かすための戦略のひとつとして、6月から新たに営業部を設けた。さらに、設計・製造と営業部をつなぐ役目を担う技術営業部隊も設けた。設計が営業の現場に出ることで、顧客の声を商品企画に反映させられるようになるという。

 設計/製造から販売/サポートまで一貫した体制を作ることで、会社としての自立を目指す。

「ものづくり力」を活かした新規事業と、PC事業の海外進出を検討

 続いて大田氏は、「VAIOのものづくり力を新しい領域に活かす」と同社の成長戦略を語った。PC事業のコンピューティング技術と、動物型ロボット「AIBO」で培ってきたロボット製造技術が「VAIOのものづくり力」であるという。

 この春から同社の安曇野工場では、富士ソフトのロボット「Palmi」の受託製造を行なっている。こういったロボット受託製造から始めた新規事業を、2017年度までにPC事業と同等の規模に育てる考えだ。

新規事業は2017年度までにPC事業と同等の規模に育てる

富士ソフトのロボット「Palmi」の受託製造を安曇野工場で行なっている

B2B、B2Cともに国内販路を強化する

 PC製品においては販売力の強化を目指す。ソニーマーケティング、加賀ハイテックとの協業で国内販路を強化させるとともに、海外市場への展開も行なう。第一弾として、米国とブラジルに進出することを発表した。

 米国では、VAIO Z Canvasの英語モデルを10月5日より発売する。transcosmos AmericaによるECサイトおよび全米Microsoft Store店舗で販売を行なう。またブラジルでは、VAIO商標のPC製品製造を含めたビジネス全般をPOSITIVO INFORMATICAに委託する。

 今後も各国でのビジネスパートナーを見つけながら、次はアジア地域への進出を中心に検討しているという。

パートナー企業と協業しながら海外に進出する。第一弾地域には米国とブラジルが選ばれた

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月