このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マウスブランド、G-Tuneブランド合わせて一挙5モデル登場

G-Tune“Skylake”の最新仕様でWindows 10を体験する

2015年08月06日 11時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

“Skylake”ことCore i7-6700K搭載のWindows 10パソコンがマウスコンピューターから登場!

 7月29日から提供が始まった「Windows 10」と、インテルが8月5日夜に発表したばかりの“Skylake”こと最新CPUのCore i7-6700K(4.0GHz/最大4.2GHz)。この夏の(いや、2015年の?)2大トピックスであるこの両者を、どちらも搭載したモデルがマウスコンピューターから早くも登場した。

 Skylake搭載機はマウスコンピューターブランドから2機種、G-Tuneブランドから3機種ラインアップする。このうち、Core i7-6700K、GeForce GTX 980、16GBメモリーという構成のG-Tune「NEXTGEAR i650PA1」が届いた。ベンチマークの計測結果を元にSkylake搭載パソコンのパフォーマンスを確かめてみる。CPU性能だけでなく、次世代メモリー「DDR4」によってパフォーマンス向上が図られているかにも注目したい。

ここで紹介する「NEXTGEAR i650PA1」は、フロントパネルが特徴的なNEXTGEARシリーズの新機種だ

 比較対象として、第4世代のCPU「Core i7-4790K(4.0GHz/最大4.4GHz)」を搭載したパソコンを用意した。なお、この比較機は「NEXTGEAR-MICRO im550SA9」をカスタマイズしたモデルであるため筐体とチップセットは異なるが、それ以外はNEXTGEAR i650PA1と同じ構成だ。これでCore i7-6700KとCore i7-4790Kの性能を比較してみたい。

 NEXTGEAR i650PA1比較機
CPUCore i7-6700K(4.0GHz)Core i7-4790K(4.0GHz)
メモリー16GB DDR4 SDRAM PC4-1700016GB DDR3 SDRAM PC3-12800
ストレージ2TB HDD
チップセットZ170 ExpressH81 Express
グラフィックスGeForce GTX 980
電源700W(80PLUS BRONZE認定取得)500W(80PLUS SILVER認定取得)
OSWindows 10 Home(64bit)
価格21万5784円

Skylake対応の新型マザーボード「Z170 Express」を搭載する

CPUファンを取り外し、SkylakeことCore i7-6700Kと対面(撮影のためCPUグリスは拭きとっている)

これが“Skylake”、Core i7-6700Kだ!


(次ページ、「3つのベンチマークで比較。性能は確実に向上しているが、大幅な差はない」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

マウスコンピューター
マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター マウスコンピューター
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune

 

マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune