このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

鉄板&今が旬なパーツを性能検証!!第2回

【鉄板&旬パーツ】SSDの新定番はCFD「HG6Q」とADATA「SP600」

2015年07月16日 18時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 多種多様なPCパーツのなかには、高い性能やコストパフォーマンスなどから、鉄板や旬と呼ばれる製品がいっぱい。週末のアキバ各ショップでは数量限定特価で並ぶことも多々ある狙い目パーツとなっている。そんなPCパーツの紹介と性能チェックをしていこう。

PCパーツショップにはさまざまな製品がズラリ。どれを選べば良いのか悩んでしまう。そんなPCパーツの鉄板&売れ筋をマスターしよう

価格か速度&信頼性か
2極化しているSSD

 OSやアプリの起動からゲームのマップデータの読み込みまで、“快適なPC動作には必須”といってしまっても過言ではないSSD。

 一般的な2.5インチSSDのパフォーマンスは、すでにSATA3(6Gbps)接続の限界に到達。シーケンシャルライトやランダムリード・ライトの性能は容量や製品で差があるものの、シーケンシャルリードに至っては、安価な製品でもおおむね500MB/s前後と、SSDの恩恵を体感できるパフォーマンスを発揮してくれる。

 用途や好みによっては、省電力性や保証期間といった点も気になるところだが、ショップの価格表に記載されているリード・ライトのスペックを見ると、価格の安い製品で良いかな~と思えてくる。

さまざまな製品が登場しているSSD。売れ筋の容量となる256GBモデルは、1万円台前半から購入できる
10年間保証のSanDisk「Extreme PRO」シリーズや省電力性を向上させたIntel「SSD 535」シリーズなど、パフォーマンス以外の面が特徴のSSDも増えている
2.5インチSSDの限界を突破した次世代インターフェース規格に対応した「Intel SSD 730」。PCI Express 3.0 x4接続が必要と、導入への敷居はちょっと高いが、その性能は別次元だ

 そんな2.5インチSSDの売れ筋を秋葉原の主要パーツショップに聞いた結果が下記だ。

SSDランキング
順位 製品名
ソフマップ
1位 CFD販売「CSSD-S6T256NHG6Q」
(2.5インチ、SATA3、256GB、リード514.4MB/s、ライト482.8MB/s)
2位 ADATA「ASP600S3-256GM-C-R2」
(2.5インチ、SATA3、256GB、リード540MB/s、ライト290MB/s)
3位 CFD販売「CSSD-S6T128NHG6Q」
(2.5インチ、SATA3、128GB、リード514.3MB/s、ライト475.9MB/s)
ツクモ
1位 CFD販売「CSSD-S6T256NHG6Q」
(2.5インチ、SATA3、256GB、リード514.4MB/s、ライト482.8MB/s)
2位 CFD販売「CSSD-S6T128NHG6Q」
(2.5インチ、SATA3、128GB、リード514.3MB/s、ライト475.9MB/s)
3位 Crucial「CT250MX200SSD1」
(2.5インチ、SATA3、250GB、リード555MB/s、ライト500MB/s)
ドスパラ
1位 ADATA「ASP600S3-256GM-C」
(2.5インチ、SATA3、256GB、リード540MB/s、ライト290MB/s)
2位 Kingston「SV300S37A/120G」
(2.5インチ、SATA3、120GB、リード180MB/s、ライト133MB/s)
3位 CFD販売「CSSD-S6T256NHG6Q」
(2.5インチ、SATA3、256GB、リード514MB/s、ライト482.8MB/s)
パソコンショップ アーク
1位 ADATA「ASP900S3-256GM-C-7MM」
(2.5インチ、SATA3、256GB、リード545MB/s、ライト535MB/s)
2位 ADATA「ASP600S3-256GM-C-R2」
(2.5インチ、SATA3、256GB、リード540MB/s、ライト290MB/s)
3位 Kingston「SV300S37A/120G」
(2.5インチ、SATA3、120GB、リード180MB/s、ライト133MB/s)
BUY MORE秋葉原本店
1位 Silicon Power「SP240GBSS3S60S25」
(2.5インチ、SATA3、240GB、リード520MB/s、ライト330MB/s)
2位 Intel「SSDSC2BP240G4R5」
(2.5インチ、SATA3、240GB、リード550MB/s、ライト270MB/s)
3位 Silicon Power「SP120GBSS3S60S25」
(2.5インチ、SATA3、120GB、リード520MB/s、ライト330MB/s)

 各ショップとも近々の1ヵ月で集計してもらったが、5ショップ中4ショップのトップ3にCFD販売「S6TNHG6Q」、またはADATA「Premier Pro SP600」がランクインする結果に。

 全体的に見ると、第一線級の性能と高い信頼性ながら、格安SSDの登場にともない大幅に値下がりしたCFD販売「S6TNHG6Q」や、インテル「SSD 730」といった最速&信頼性に定評あるSSDと、週末特価でもおなじみとなっているADATA「Premier Pro SP600」、Silicon Power「Slim S60」、Kingston「SSDNow V300」などの格安SSDのどちらかといった感じだ。

 さすがにリード180MB/s、ライト133MB/sのKingston「SSDNow V300」は、容量、速度的にビジネス用途や旧型ノートPCのパワーアップ用かなと思われるので、除外するとCFD販売「CSSD-S6T256NHG6Q」とADATA「ASP600S3-256GM-C-R2」の2製品が、今鉄板のSSDといえるだろう。

 ちなみにランキングトップ3以下は、ショップごとでバラバラだが、Crucial 「MX200」、「BX100」、SAMSUNG「850 EVO」、Plextor「M6S」といった各社のエントリー向けモデルがランクインしていた。

鉄板SSDといえるCFD販売「CSSD-S6T256NHG6Q」(実売価格 1万4000円前後)とADATA「ASP600S3-256GM-C-R2」(1万1000円前後)。価格差は3000円前後になっている

 なお、ドスパラの2位にランクインしているADATA「ASP600S3-256GM-C」と、ほかのショップで販売されている「ASP600S3-256GM-C-R2」は、スペック、付属品などに違いはない。

 「R2」型番は、2.5→3.5インチ変換マウンターが付属しなくなったことを契機に、ADATA国内正規代理店のマスタードシードが独自に付け加えた形だ。当然だが、ドスパラの「ASP600S3-256GM-C」も変換マウンターは付属していない。

スペック表
メーカー CFD販売 ADATA
シリーズ名 S6TNHG6Q Premier Pro SP600
型番 CSSD-S6T256NHG6Q ASP600S3-256GM-C-R2
容量 256GB 256GB
NANDフラッシュタイプ MLC MLC
シーケンシャルリード 514.4MB/s 540MB/s
シーケンシャルライト 482.8MB/s 290MB/s
4Kランダムリード 96947 IOPS 68000 IOPS
4Kランダムライト 67226 IOPS 65000 IOPS
製品保証 3年間 3年間
実売価格 1万4000円前後 1万1000円前後
CrystalDiskInfoの画面。東芝の型番で認識するCSSD-S6T256NHG6QASP600S3-256GM-C-R2のCrystalDiskInfoの画面

 メーカースペックで比べると、シーケンシャルライトやランダムリードは、すでに発売から1年以上経っているが、第一線級となる「CSSD-S6T256NHG6Q」が大きく上回っている。果たして同じ環境、ベンチマークでどう変わるか実測していこう。

→次のページヘ続く (2モデルのパフォーマンスをチェック

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中