• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ダウンロードコンテンツやコラボ企画の新情報も発表!

ザキヤマ&竹山名コンビが大暴れ! 「大逆転裁判」完成発表会

2015年06月29日 19時12分更新

文● 八尋/ASCII.jp

「大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒險-」の完成およびCM発表会が開催

 カプコンは6月29日、ニンテンドー3DS用ソフト「大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒險-」の完成およびCM発表会を開催した。

 大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒險-は、「逆転裁判」シリーズの最新作で、舞台は19世紀末の日本帝国や大英帝国。名探偵「シャーロック・ホームズ」が登場し、タッグを組んで推理を行なう「共同推理」という新しい謎解きが可能になったほか、陪審員制度を取り入れた「陪審バトル」というゲームシステムも大きな特徴となっている。

「大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒險-」

成歩堂龍ノ介とシャーロック・ホームズがタッグを組んで推理を行なう「共同推理」

陪審員制度を取り入れた「陪審バトル」

 発表会では、プロデューサーの小嶋 慎太郎氏と、ディレクターの巧 舟氏が登壇。CMで成歩堂龍ノ介を演じたカンニングの竹山 隆範さんと、シャーロック・ホームズを演じたアンタッチャブルの山崎 弘也さんも登場した。

プロデューサーの小嶋 慎太郎氏と、ディレクターの巧 舟氏が登壇

CMで成歩堂龍ノ介を演じたカンニングの竹山 隆範さんと、シャーロック・ホームズを演じたアンタッチャブルの山崎 弘也さんも登場

 発表会で初公開されたCMでは、主人公の新米弁護士の成歩堂龍ノ介に扮する竹山さんと、シャーロック・ホームズに扮する山崎さんが、大逆転裁判の注目要素である共同推理のように推理を行なう様子が描かれている。

 小嶋プロデューサーは、竹山さんと山崎さんをCMに起用した理由について「2人の掛け合いや竹山さんの突っ込みを見ていて、成歩堂とホームズの共同推理をCMで再現できるのではないかと思ったからです」とコメントした。

 また、実際にプレイしたという竹山さんは「陪審員制度のおかげでいろんなヒントもあるし、間違ったほうに導かれる可能性もあり、より裁判が複雑になっているなと感じました」と述べた。山崎さんは「共同推理で、一見めちゃくちゃなことを言っているように思えるホームズの発言が、本当は2手、3手のことを言っているんですね。それを成歩堂が形にしていくというのが楽しいですよね」とコメントした。

 竹山さんと山崎さんに、お互いに異議あり! と思う部分をあげてくださいという質問に、竹山さんは「僕のほうが先輩なのに、ロケなど一緒になると必ず車で迎えに来いというんです。しかもロケが終わって帰るとき車に乗るとすぐ寝るんです。僕は山崎の車に乗ったことないのに」とコメント。対して山崎さんが「でも道順的にね……」というと、竹山さんは「お前の家ロケ先と逆方向だよ!」と突っ込んでいた。

テレビでよく見かける山崎さんと竹山さんのやり取りに会場が湧いた

 山崎さんは「竹山さんの意義あり! という部分は、煙草をふかしているところです!」と答えると、竹山さんは「ふかしてねーよ!」といつものやり取りで会場を沸かせていた。

山崎さんが竹山さんのマネをして「ふかしてねーよ!」というおなじみのやりとりも

 CMは、7月1日より全国で放送予定。公式サイトでは、CMのほか、メイキング映像や、共同推理や陪審バトルを2人が実際にプレイしながら解説する「早わかり映像」も閲覧できる。


(次ページ「ダウンロードコンテンツやコラボ企画を新たに発表!」へ続く)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう