このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

熱中症対策にも役立つ!

ゲームも通話も不可も、ドコモの子供用スマートウォッチは居場所の把握が完璧

2015年06月27日 15時00分更新

文● 相川いずみ 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AppleWacthをはじめとしたスマートウォッチが続々と登場し、今年はキッズ市場にもウェアラブルの流行が訪れそうだ。

NTTドコモから発売されたキッズ用スマートウオッチ「ドコッチ 01」

 NTTドコモから発売された、腕時計型端末「ドコッチ 01」。キッズ向けの見守り端末としては初めてのウェアラブルタイプで、GPSで場所を定期的に知らせてくれるだけでなく、現在地の気温や湿度、子どもの活動状態までわかるスグレモノなのだ。

色はホワイト(写真)のほか、ライトブルーの2色。本体や説明書のほか、専用のクレードルが付属する

ボタンは4つ。左側面に電源と“決定”ボタン(写真左)、右側面のボタンはボリュームやキーロックのほか、選択ボタンなどを兼ねる

携帯しやすく、子どものテンションも上がる腕時計タイプ。文字盤はアナログのほか、デジタル表示もあり、好みに応じて変更できる

 ドコッチの機能は大きくわけて3つ。子どもの状態をリアルタイムで見守る“状態モニター”、現在地を知らせてくれる“イマドチサーチ”、子どもと離れたら通知される“みまもりアラート”だ。

 まず“状態モニター”は、内蔵した加速度センサーにより、子どもの現在の状態をリアルタイムで、スマホから確認できるというもの。激しい運動している時は“Active”、歩いている時は“enjoy”、立ち止まったり座って休んでいる時は“Relax”と、状態がひと目がわかる。

ドコッチを付けている子供の状態が、20分感覚で表示される。腕につけていなかったり、電源が切れていると、“Not avaiable”として状態は表示されない

 さらに、これからの季節に重宝するのが、現在地の気温や湿度まで教えてくれる機能だ。長時間暑い場所で遊んでいると、「水分をとるようメッセージを送りましょう」といっためアドバイスが出る。熱中症の注意目安がグラフ化されているので、「そろそろ涼しい所で休ませようかな」といった目安にもなる。

現在地の気温、湿度を測定。小児科監修によるアドバイスもありがたい

 ちょっと離れた場所で子どもが遊んでいても、スマホから即状態をチェックできるので安心。会社にいるお父さんも、子どもが活動している様子がリアルタイムにわかるのもうれしいところだ。

ドコッチ1台につき、最大6人まで登録可。最初に登録した管理ユーザー以外は、ゲストユーザーとして参加し、“みまもり”ができる

→次のページヘ続く (GPSで位置をお知らせ

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン