このページの本文へ

WWDC 2015 - アップル開発者イベントでなにが出る!?第4回

日本でも特設ページが公開中

アップルの新音楽サービス「Apple Music」,

2015年06月09日 12時55分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Apple MUSICが6月からサービス開始

 米アップルのイアン・ロジャーズ氏は現地時間6月27日、アップルの新しい音楽ストリーミングサービス「Apple Music」に関するFacebookのイベントページを開設したと発表した。Apple Musicのシニア・ディレクターであるロジャーズ氏の個人ブログで明らかにされたもの。

 ブログにはApple Musicに関する新たな情報も記載されており、iOSデバイスでの利用にはiOS 8.4へのアップデートが必要であること、Apple Music内のラジオ局「Beats 1」の放送は米国時間午前8時にスタートすることなどが明らかにされている。

 月額9.99ドルで提供され、サービス期間中は登録されている膨大な楽曲を無制限に再生可能となる。米国では6月30日からサービスがスタートし、最初の3ヵ月間は料金が無料。6人までの家族で共有できるファミリープランは月額14.99ドル。iOS、OS X、Windowsをサポートし、AndroidおよびApple TV版は今秋の公開を予定している。 Apple Musicの提供地域は100ヵ国以上とされているが、日本国内でのサービス開始時期や利用料金については情報が出ていない。ただ、すでに国内向けの特設ページは公開されているため、近日中に提供される見込みだ。

米国では6月30日からサービス開始。日本でも特設ページが公開中なので、それほど遅くはならないだろう

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中