このページの本文へ

WWDC 2015 - アップル開発者イベントでなにが出る!? 第5回

Siriが改善、ユーザーの行動を学習する新アシスタント機能も

iPhoneの次期OS「iOS 9」は今秋リリース! ユーザーの行動や嗜好を学習

2015年06月09日 13時53分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iOS 9は今秋リリース!

 米アップルは現地時間6月8日、開発者向けイベント「WWDC 2015」のキーノートで、iPhone向け新OS「iOS 9」を発表した。2015年秋にリリース予定。

 対応機種はiPhone 4S以降のiPhone、第5世代以降のiPod touch、第3世代以降のiPad、iPad Airシリーズ、iPad miniシリーズ。

Siriでは期間を指定しての写真リクエストなどが可能に

 アシスタント「Siri」のUIが刷新され、音声認識精度や反応速度が向上。期間を指定しての写真検索をリクエストできるなど、より詳細な対応が可能となる。また、ユーザーの行動や嗜好を学習する「Proactive」により、時間帯によって使うアプリを提案したり、電話帳にない番号を過去のメールから予測するなど、次の行動の予測、提案に役立つという。

マップアプリには乗り換え案内機能が追加される

 マップアプリには乗り換え案内機能が追加。メモアプリではToDoリストの作成、写真や手書きメモの追加・共有など、機能が拡張されている。検索ツール「Spotlight」も強化され、スポーツの試合の結果や天気なども検索可能となっている。また、アメリカ、イギリス、オーストラリア向けにニュースアプリが新たに提供される。そのほかの国・地域での提供は未定。

iPad Air 2専用のSpritView機能。2画面分割で操作できる

 iPadでは新たに複数のアプリを同時に操作できるSlide Over機能が実装されるほか、iPad Air 2ではSplitView機能により画面を2つに分割しての操作が可能となる。

 そのほか、従来比1時間程度の駆動時間延長をうたう省電力モードを搭載。また、アップデート用のファイル容量が1.3GBに軽量化されているとのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中