このページの本文へ

外部からの攻撃と内部向け対策を提携したソリューション

多層化防御を実現すべくPFUとファイア・アイが協業

2015年05月18日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PFUとファイア・アイは、エンタープライズ向け次世代サイバー攻撃対策ソリューションの開発・提供で協業することを発表した。PFUは不正なデバイスの検知と遮断を行なうセキュリティアプライアンスを提供。また、ファイア・アイは仮想化環境のでサンドボックス技術をベースにしたマルウェア検知において、グローバルで高いシェアを誇る。

FireEyeとiNetSecによる多層防御ソリューション

 具体的には、ファイア・アイの「FireEye NXシリーズ」がマルウェアを検知したアラートに基づき、PFUの「iNetSec」が感染端末からの通信を遮断することで、内部ネットワークにおける感染拡大を自動的に防止する。入口・出口対策で実績を誇るファイア・アイがゼロデイ攻撃やAPT攻撃など次世代型の脅威から情報漏えいを防御。国内の内部セキュリティ対策でシェアを持つPFUのiNetSecのふるまい検知・遮断技術により、モバイルワークなどに起因するマルウェアを防御するという。

PFUの「iNetSec Intra Wall」

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ