このページの本文へ

原稿読み取りの高速化と安定化など、A3モデル2機種とA4モデル1機種

PFU、業務用スキャナ「fiシリーズ」に省スペースな3機種追加

2016年04月15日 10時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PFUは4月15日、業務用イメージスキャナ「fiシリーズ」のラインアップ強化を発表した。コンパクトな新A3モデル「fi-7480」と「fi-7460」、新A4モデルの「fi-7030」の3機種を追加している。

新しいA3モデル「fi-7480/fi-7460」

新しいA4モデル「fi-7030」

新しいA3モデル、fi-7480/fi-7460の主な特徴

 fi-7480/fi-7460は、現行機種「fi-5530C2」の後継モデル。fi-7480は80枚/分、fi-7460は60枚/分と、原稿読み取りスピードを高速化している(なお、7480と7460の違いは読み取りスピードのみ)。

原稿読み取りスピードは旧モデルの1.6~1.2倍にアップした

 また本体設置面積を12%削減し、高さもA4モデル並に抑えたコンパクトな設計を新たに採用。デスクに座ったままでのスキャン作業もより容易にしている。

 さらに、給紙/搬送機構の改善によって、原稿が斜めに傾いて読み込まれる事象(斜行)を抑制するとともに、原稿の破損リスクを低減。排紙スピードを調整して排出後の原稿のばらつきも抑えている。そのほか、綴じられた原稿や複写伝票、2つ折り原稿、封筒、用紙貼り付け原稿などの読み取りを実現する「手差し・単送モード」も搭載している。

「音」「移動量」から紙詰まり発生を即座に検知/停止し、原稿破損を防ぐ機能も搭載している

 両製品のオプションとして、原本照合を容易にするために、スキャン後の原稿(裏面または表面)に読み取り日付や識別符号などを印字する「インプリンタ」も提供される。

 販売価格(税抜)は、fi-7480が40万円、fi-7460が30万円。オプションのインプリンタ(裏面用、表面用)はそれぞれ12万円。いずれも出荷開始は4月22日から。

新しいA4モデル、fi-7030の主な特徴

 新しいA4モデルのfi-7030は、コストパフォーマンスを追及したエントリーモデル。デスクサイドの設置に適したコンパクトなサイズで、読み取りスピードは27枚/分と、従来製品(fi-6110)比で約1.3倍に向上している。

 fi-7030でも「ブレーキローラ」を採用し、複数枚の原稿の分離を改善しているほか、プラスチックカードの読み取りも可能になっている。

 fi-7030の販売価格はオープン。なおPFUダイレクトでの参考価格は6万円(税抜)。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ