このページの本文へ

中級クラスの「VSA-830」も刷新

10万円以下から始めるDolby Atmos機「VSA-1130」

2015年05月14日 15時00分更新

文● 小林 久/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Dolby Atmos世代に合わせた音場補正技術を採用

 まず音場補正技術のMCACCについては、VSA-830が下位機のMCACCに対して、オートフェイズコントロールプラス、定在波制御、サブウーファー向けのEQなどを追加したAdv.MCACC、VSA-1130はDolby Atmosに対応しており、Adv.MCACCの機能に加えすべてのスピーカー/ユニット間の位相を整える“フルバンドフェイズコントロール”も追加したMCACC Proを採用している。

対応している音場補正技術

 特にVSA-1130は、イネーブルドスピーカーを使った際の再現性を重視している。Dolby Atmosでは、天井スピーカーを使い、立体的な音場を再現できる点が特徴だが、一般的なリビングでは中々天井にスピーカーを設置できない。そこで、床やフロント・リアのスピーカー上に上向きのスピーカーを設置し、天井に反射させた音で天井スピーカーの役割を代用させようとするのが、イネーブルドスピーカーだ。

ミニマムにDolby Atmosを楽しみつつ、高音質を狙える機能を搭載

 イネーブルドスピーカーが入ったシステムで正確な音場を再現するために、天井の反射を考慮した距離測定をしたり、サブウーファー用のチャンネルも低音と重低音の2種類に分け、ぎりぎり志向性を感じる180Hz付近の音域をイネーブルドスピーカーと相関を取りながら調整することで、より正確な低位感、音場感が得られるよう工夫している。

高音質化のための取り組みも積極的に採用

 また、アナログ電源部に磁束漏れの少ない新型トランスを採用したほか、デジタル基板やオーディオ基板のノイズ対策を強化。デジタル回路とアナログ回路の電源分離なども実施し、高音質な再生ができるよう配慮している。使用パーツもESSのES9006Sをはじめ、オーディオ用のカスタムコンデンサーやルビコン社と共同開発した薄膜高分子積層コンデンサー「PML MUコンデンサー」などこだわったものになっている。

VSA-1130の内部。回路レイアウトや基板パターンを見直し、徹底したノイズ対策を実施した。

VSA-1130が採用した新開発のインシュレーター。内部構造の平行面をなくして空洞共振が発生しない原理としている。

 機能面ではVSA-830、VSA-1130ともWi-Fi機能が強化されている。まず従来の2.4GHz帯に加えて5GHz帯(11a/n)での通信にも対応。無線LANアクセスポイントを介さずスマホと接続できるWireless Directや、Ethernetケーブルを接続するだけで自動でWi-Fi通信がオフになる機能など利便性も向上した。ネットワークやWi-Fiお設定もスマートフォンアプリ「Start-up Navi」から簡単にできるようにしている。

再生可能な音源の種類

 再生可能なフォーマットも有線LANやUSB接続時のハイレゾマルチチャンネルやDSD再生に加えて、Wi-Fi接続時でのハイレゾギャップレス再生など対応する形式が大きく増えている。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画