このページの本文へ

HDMIは4K対応

デノン、新型AVレシーバーは6万円台で「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応

2015年07月07日 18時23分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デノンブランドから7.2ch AVサラウンドレシーバー2機種登場

 デノンは7月7日、エントリー~ミドルクラスの7.2ch AVサラウンドレシーバー2機種を発表した。発売は8月下旬で、価格は「AVR-X1200W」が6万2100円。「AVR-X2200W」が9万1800円。

「AVR-X1200W」

「AVR-X2200W」

 両製品とも「Dolby Atmos」に対応しており、無償のファームウェアアップデートにより「DTS:X」にも対応する。5.1.2のスピーカー配置が可能で、2つのハイトチャンネルスピーカーを接続できる。

5パターンのスピーカーセッティングが可能

 また、4K映像コンテンツに対する著作権保護技術「HDCP 2.2」や、映像のダイナミックレンジを拡張する新技術「HDR」、従来のHD映像の2倍以上の広色域表現を可能にするという「BT.2020」のパススルーに、すべてのHDMI端子で対応した。AVR-X1200Wが6入力1出力、AVR-X2200Wが8入力1出力のHDMI端子を備えている。

 ハイレゾやDSD対応のネットワークオーディオ機能、AirPlay、インターネットラジオ、Bluetoothなどに対応。Wi-Fi接続が可能で、iOS/Androidアプリ「Denon Remote App」を使用すればAVアンプ本体の操作や楽曲の選択を直感的に行なえるという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画