このページの本文へ

米国の老舗企業Acoustic Reseach

Androidベースのハイレゾオーディオ機「AR-M2」とUSB DAC「UA1」

2015年03月25日 22時02分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
米Acoustic Researchのハイレゾオーディオプレーヤー「AR-M2」。

 フロンティアファクトリーは3月25日、米Acoustic Researchのハイレゾオーディオプレーヤー「AR-M2」とUSB DAC「UA1」を発表、4月24日に発売する。

 AR-M2は、Qualcom MSM8926とAndroid 4.3を搭載するオーディオプレーヤー。価格は14万9040円。

アプリ「AR Music player」で音楽を再生。

 独自のオーディオパスを搭載したアプリ「AR Music player」で音楽を再生する。Android OSを搭載することで、効率的に内部ストレージと外部のSDカードを読み込めるという。ディスプレーは5インチで、解像度は720×1280ドット。内蔵ストレージは64GB、Micro SDXCスロットを搭載し、最大128GBまで対応。外付けのUSB HDDとの接続も可能で、FAT32とexFATVをサポートする。対応フォーマットはFLAC、ALAC、DSD64(2.8MHz)、DSD128(5.6MHz)、WAV、DXD、APE、AIFF。DSDファイルはPCMに変換して再生する。

 Androidのオーディオフレームワークもサポートし、サードパーティーのアプリも使用できる。Google Playストアは使用不可だが、Android用アマゾンのアプリストアなどからインストールできる。

 DACには、バーブラウン製のPCM1794Aを1基搭載。サンプルレートコンバーターにはCirrus CS8422、オペアンプにはOPA2134を2基、ヘッドホンアンプにはTI TPA6120A2を採用している。

電流器官方式を採用し、インピーダンスの変化の影響を最小限に抑え、低音・高温出力、原音の再現性の低下を防止するという。放熱対策として、熱伝導性の高い銅製のスプレッダーシールドを搭載。ボリュームコントローラーにはALPS製のアナログポテンションメーターを採用する。

 バッテリー容量は4200mAHで、連続再生時間はPCM/192再生時で9時間、DSD128再生時で7時間。フル充電には4時間かかる。Wi-Fi規格はIEEE 802.11 b/g/n。

USB DAC「AR-UA1」。

 AR-UA1は、Windows/Mac対応のUSB DAC。価格は6万4584円。

 対応フォーマットはFLAC、ALAC、DSD64(2.8MHz)、DSD128(5.6MHz)、WAV、DXD、APE、AIFF。スピーカー出力端子、ヘッドホン出力端子(6.3mmステレオ標準プラグ)を搭載。アップコンバートして再生できるソフト「JriverMedia Center」を同梱する。DSDファイルはPCMに変換して再生する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン