実機で見たVAIO Phone Android 5.0が動く、シンプルなミドルレンジ機

文●ドロイドさん/アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 20日に発売された「VAIO Phone」。基本的には日本通信が製造・販売を担当し、VAIOはデザイン面で監修をしたとされる。実機を入手したので、写真中心に見ていこう。

発売されたばかりのVAIO Phoneを写真で見ていく

 まずスペック的にはミドルレンジ級で、5型HD液晶(720×1280ドット)、CPUはSnapdragon 410(MSM8916)、2GBメモリー、16GBストレージ、13メガカメラなどとなっている。

話題になったパッケージ。起動時もVAIOのロゴが

背面はガラス素材でVAIOロゴが。前面下部にもやはりロゴが

 スペック以上に快適でサクサクとした操作感だったのは、改良が進んだAndroid 5.0が、ほぼ素の状態で動作している点が大きいかもしれない。ちなみにNexus端末をのぞくと、国内ではほぼ初のAndroid 5.0スマホでもある。

壁紙こそVAIO仕様だが、UIなどはNexus 5などと同じ、Android 5.0のほぼ素の状態

 端末の全体的な完成度を見ても、ミドルレンジ機としてはかなり高く、またほぼ黒一色のシンプルさには好感が持てた。

側面はマットな素材になっている。反対側にはSIMとmicroUSBの両スロットが上下に

防水には非対応で、microUSB/イヤホンともキャップは無い

 今回はVAIO Phone専用SIMとのセット販売が中心だが、端末自体はSIMフリー。ワイモバイル(ソフトバンク)のSIMでも、当たり前だが通信は可能だった。

SIMフリーなので、ワイモバイルのSIMでも通信は可能だった

 税抜5万1000円という一括価格、SIMセットでオトクになる販売形態、“VAIOブランド”との組み合わせなど、ネガティブに受け止められる要素もあったが、それらを一旦横に置いて、あらためてミドルレンジ機として見ると十分魅力的な1台。全体の支払額や契約期間などを含めて検討するといいだろう。

「VAIO Phone VA-10J」の主なスペック
ディスプレー 5型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約71×141.5×7.95mm
重量 約130g
CPU Snapdragon 410(MSM8916) 1.2GHz(クアッドコア)
メモリー 2GB
ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDXC(最大64GB)
OS Android 5.0
対応ネットワーク FD-LTE:2.1GHz/1.8GHz/800MHz、W-CDMA:2.1GHz/800MHz
無線LAN IEEE802.11n(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:13メガ/イン:5メガ
バッテリー容量 2500mAh(交換不可)
NFC ×
ワンセグ ×
防水/防塵 ×/×
SIMサイズ microSIM
■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月