このページの本文へ

麻倉怜士のハイレゾ入門講座 第8回

ハイレゾを始めるならUSB DAC? それともネットワーク?

2015年03月28日 12時00分更新

文● ASCII.jp、語り●麻倉怜士

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2015年は11.2MHzのDSDが立ち上がる年になる

 今の最先端は5.6MHzの倍となる11.2MHz、4倍の22.4MHzのDSDですね。配信サイトOTOTOYがまず11.2MHz DSDのピアノの音源も販売し、3月からe-onkyo musicが10タイトル以上の配信を始めました。

11.2MHzのDSDにいち早く対応したiFi-Audioの「nanoiDSD」

 e-onkyo musicの11.2MHz DSD配信のうち、ハイパーソニックの提唱者の大橋力氏(音楽家山城祥二としても知られる)の制作に成る音源を聴きました。実は昨年、芸能山城組やパリ島のガムラン音楽の192kHz/24bit配信が始まったタイミングで、私は東京・東中野の大橋事務所にて、11.2MHzDSD音源を聴き、その底知れぬ音の表現力に驚嘆していました。その時は、「11.2MHzDSDはマスター音源であり、ここから変換やダウンロードして、配信に回す」という方針でした。今回、その宝物のマスターファイルをそのままダウンロード用に供出してくれるというのですから、これをハイレゾの幸せと言わずに、何と言うのでしょう。

 今回の大橋音源のラインナップとその音的な由来を述べましょう。1.「恐山・銅之剣舞/芸能山城組」(アナログマスターを直接、11.2MHzDSDにデジタル変換)、2.「超絶のスーパーガムラン/ヤマサリ」、3.「ハイパーソニック・オルゴール」(この二つは11.2MHzDSD録音→→いったんアナログに変換しアナログコンソールにて編集→→再度11.2MH DSDに変換)、④「チベット密教 極彩の響き/ナムギャル・タツァンの僧侶たち」(48kHz/16bitのDATマスターを元に、高周波加算により11.2MHz音源を制作)──という内容です

 今回も大橋事務所で試聴しましたが、余りの高音質に卒倒しそうになりました。刮目は、これまで最高とされていた5.6MHzDSDを圧倒的に凌駕することですね。例えばオルゴール『トロイメライ』。192kHz/24bitから5.6MHzDSDに変えると艶が加わり、響きの繊細な部分も明瞭に。奥行き感がでてきます。ところが、11.2MHzへの変化は、こんなもんじゃありません。空気の透明感は5.6MHzの倍のよう。響きの滞空時間がまるで長くなり、音が透明な空気を震わせるのを肌が感じます。

 ただ春の今のところ11.2MHzのDSDを再生できる機種はイギリスのiFI-Audio、カナダのexaSound、アメリカのOPPO Digitalなど一部のメーカーの機種だけです。秋になればもっと11.2MHzに対応した機種が増えるでしょう。同様にリニアPCMでも192kHzの2倍の384kHzで、32bitまで対応する機種が出ています。ただPCMで384kHzのファイルはまだ少なく、私は11.2MHzのファイルのほうが増えそうな気がしています。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画