このページの本文へ

3月上旬に発売

繊細な造形も出力、光造形方式で20万円台の3Dプリンター「ノーベル 1.0」

2015年02月10日 17時49分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
XYZプリンティングジャパンが3Dプリンター「ノーベル 1.0」を発表。XYZプリンティングジャパン ゼネラルマネージャー 吉井宏之氏(左)、XYZprinting,Inc会長兼XYZプリンティングジャパン 代表取締役 沈軾栄氏(右)。

 XYZプリンティングジャパンは2月10日、3Dプリンター「ノーベル 1.0」を発表した。価格は22万9800円で、3月上旬より発売する。

 ノーベル 1.0はSLA方式(光造形方式)で、熱誘拐積層方式とは異なり、積層ピッチが0.1mm以下と非常に細かく、高精度の出力が可能で、なめらかな造形出力が可能だという。

 光造形方式プリンターは、走査方式で紫外線を照射してレジンを硬化させる仕組みだ。ノーベル 1.0の積層ピッチは0.025mm、0.05mm、0.1mm。解像度は幅0.3×奥行き0.3×高さ0.025mm、最大出力サイズは幅128×奥行き128×高さ200mm。

ノーベル 1.0は同社の3Dプリンターの中でもミドル・ハイモデルでプロシューマー向けという扱い。熱溶解積層法の「ダヴィンチ」シリーズはエントリー向け。光造形法式は、液体の紫外線硬化樹脂(レジン)に紫外線レーザーを照射して硬化、積層させていく方式。
専用ソフトウェア「XYZwareNobel」が付属。レジンの残量がなくなるとボトルから自動で充填する。

 ノーベル専用のソフトウェア「XYZwareNobel」が付属し、積層ピッチやレジンの色、出力物にあわせて話ポートやエッジの有無を選択できる。さらに、レジン残量の監視が不要になり、少なくなるとボトルから自動でレジンを充填する機能をもつ。USBメモリーからPCレスでプリントすることも可能だ。

 本体サイズは幅280×奥行き337×高さ590mm、重量は9.6kg(レジン500gを含む)。対応OSはWindows 7以上、Mac OC X 10.8以上。Macについては4月以降に対応するという。 専用のレジン(500g入り2本)は1万5800円、専用のレジンタンクは7200円。

製品と同梱物。ノーベル 1.0の主な仕様。
ノーベル 1.0本体。
積層ピッチが0.1mm以下と細かく、繊細な造形も可能だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン